侘しさとせつなさと

Writer: Rie nishizaka

先週、金曜日から土曜日にかけて、私の地元のいわき市に行ってきた。

帰省ではなくコンサルのほうの仕事で。

多分、最後にいわきに行ったのは、震災後常磐道が開通した時だったから、5年ぐらいまえか。

正直、毎年帰省するなんてことはまったくなく、用があれば電話をしメールで済ませるようになってしまった。

親不孝だなぁ。

母親にはいわきの会社を訪問する日時を知らせておいたので、少しだけ会う時間があったけれど、改めてみて思った。

(ちぢんだなぁ…)

もとから小さい人だったけど、もっと小さくなってて、ちょっと衝撃を受けた。

こんな顔だったっけ?なんて思って、ついまじまじとみてしまった。

でも考えてみれば母親もいい歳なのよね~。

子どもころから離れて暮らしていたってのもあって、親子間で干渉しあうこともなくドライな関係。

そういうとかっこよく聞こえるけれど、悪く言えばお互いがお互いに興味がないんだろうな。

まぁ、そんなことをつらつら考えつつ、何年か振りの地元ということもあり、懐かしくなって今度は自分が高校卒業まで祖父母と住んでいた家を見に行った。

今はもう二人も亡くなり、私が住んでいた家は母親が他人に貸して生計を立てている。

ここでも思った。

(さびれすぎだろ…)

子どものころ探検した道、遊んだ広場、お菓子目当てに通った商店。

当時の記憶が一気によみがえったのは一瞬で、あとはその寂れように言葉は出ず、後悔だけが残った。

この地区には人が住んでいるのだろうか、この地区にはこどもはいるんだろうか。

活気がなく、並んだ家も古く、地区全体に生気が感じられない。そんな状況だった。

せつないなぁ。

多分、もう足を運ぶことはないと思うけれど、とにかくわびしくてせつなくてたまらなかったよ。

 


もう秋を過ぎてもうすぐ初冬…

Writer: Rie nishizaka

久しぶりの更新です。

いかがお過ごしでしょうか。

この数か月、老いや疲れを感じる間もなくバタバタの日々を送り、ようやくひと段落。

昨日は久しぶりに選挙速報を酒の肴に、猫の頭をなでながらワインをちびちび飲むという、至福の時を過ごしました。

 

夕方から家にいたなんて何年振りだろう。

猫にもさみしい思いをさせたと反省し、私なりにスキンシップを図るも、過度に触りすぎたのか、「イヤニャン!バシッッ!」と叱られショボボボンでございます。

という導入文もこのあたりにして、御連絡事項です。

前回から、ちょこちょこ小出しにしていた、新ビジネスの件、ようやくまとまりましたので告知させていただきます。

会計コンサルの会社を立ち上げたのは、以前からお話しておりましたが、今回、それに派生した税理士法人を新たに立ち上げました。

法人名は、「税理士法人 横浜弁天会計社」といいます。

横浜市中区弁天通りにあるので、最初に横浜弁天という文言を入れました。

まぁ、起業するなら発祥の地を会社名にいれたほうが良いとの意見があり、会計コンサルも「横浜弁天コンサルティングスクエア」といいます。

名前は気に入ってはいるのだけれど、正直、ちょっと長くない?なんて思っているのはここだけの話です。

ちなみに税理士法人は、税理士資格を持つもの2人がいないと設立できない特殊な法人です。そのため、私は出資者にはなれません。

なので、私がもっとも信頼する方お二人をビジネスパートナーに加え、代表税理士として就任していただきました。

一人は、国税時代からの知り合いで、私的には、性格、資質、知識、経験全てひっくるめて、横浜弁天会計社の代表たるにふさわしいと思った人間です。

彼を何度も何度も説得し、会社の概要、展望、現状、全て説明した上で、就任してもらったので、10月業務開始に関わらず予想以上にスムーズに業務展開ができました。

ほんとに彼には感謝感謝です。

もう一人は、私のビジネスパートナーの奥様で、試験合格組の先生です。一橋大学出身の才媛。

会社役員の経験もあり、大学時代は管理会計が専攻だったとのことで、こちらから三顧の礼でお迎えしました。

それにしても横浜弁天コンサルティングスクエアの客層から求められる要望と、お二人の持つ知識と経験は非常にマッチングしている。

ここに、もう一つ新しい専門性が加われば…。

そんなことを日々考え、今日も私は接待に繰り出します。

 


もう8月(こちらはアロマの話)

Writer: Rie nishizaka

最近、お前の仕事はなんなんだと言われる今日この頃。

私の本業はあくまでもアロマ屋ですと言い張っている西坂です。

毎年の話だけれど、香料業界の専門誌(週刊粧業)に私の記事が載りました。

香料メーカーとしての立ち位置や、新商品の話などをつらつらしているだけなのだけれど…。

でもこの記事がきっかけで、今ちょっとしたプチブレイク中。

実は、香料提供で一番難しいのは、高い精油に似せた安い香料を作ってほしいと言われること。

例えばローズ。

たしかに天然もののローズ香料は高い。

1キロ100万円はゆうに超える代物だ。ものによっては200万ぐらいまでいってしまう。

でもそれだと売価が跳ね上がるため、到底製造原価には入れられない。

そこで、西坂は研究しました。

半年以上かかったけれど、ようやくローズ風の香料ができた。

ローズの配合率を極限まで落としてほかの精油をブレンドしてローズの香りを作り出す。

これね、すんごい難しいの。

何度も何度もやりなおして、ようやくできた一品もの。

これだと1キロ15万ぐらいで提供できる。

企業によってオリジナル性が出せるように、微妙にどこの配合率を変えればいいのかもちゃんと計算したよ!

なので、同じローズ風だけれども、会社によって、化粧品の剤型によって香りの個性が変わるの。

それを記事に書いてもらったらサンプル依頼が殺到して、あっと言う間に発注がかかった。

うれしい、うれしい。

次はジャスミンに挑戦中。

やっぱり私はモノづくりが好き。

コンサルとアロマ、全く正反対だけれど、私の中ではいい感じにバランスが取れているなと思っているわ。

コンサルのお客様に手土産でアロマを持っていくととても喜ばれるしね。

これからはいろんな事業を組み合わせて、全部の事業がうまく稼働し始めたら、それはそれで面白いかななんて思っています。

 

 


もう8月(アロマと関係ない話)

Writer: Rie nishizaka

前回、ブログを書いてから3か月も経過していたなんて…。

月日の経つのはとても早く、それと同じぐらい私の老化も早く…。

前回のブログでも書いた新事業の状況は、予見通りなんとか軌道に乗りました。

横浜馬車道で立ち上げた経営コンサルタント会社です。

国税出身者同士で立ち上げた会社だから、テクニック的には税務調査対応とか、会計スキームとかの

色が濃くなってしまうのだけれど、まぁそれでも昔とった杵柄ということでなんとかなっている。

お客様にも恵まれていて毎月新規の依頼が入ってくるので、ありがたいありがたい。

ただ、経営陣すべてが税理士資格を持っていないため、いろいろなところで障害が出ていたのねん。

なので、今回思い切って、税理士法人を作ることにしました~。

とはいっても私は税理士ではないから、正確にはパートナーになってくれる資格者の方が見つかりました~ってことかな。

10月に設立予定です。

今後はコンサルタント会社と税理士法人が、グループ企業として仲良く手を携えることになります。

これでうちのクライアント様たちのこともしっかりケアできる。

ずっとここが懸案だったの。

今は、お盆休み返上で、HPの改定やらあいさつ文の作成などなど、インフラ整備にいそしんでおります。

10月になってきちんとインフラが整ったら、また正式に告知します。

 

 

 

 

 


またしても

Writer: Rie nishizaka

またしても更新がおろそかになっていました。

すみません。

2月から立ち上げた新事業。

まだまだ軌道にのったとはいえないけれど、徐々にクライアント様もつき、なんとか光は見えてきたと思う。

毎日、毎日小さい壁を乗り越えて、物事を進めていけるのはとても楽しい。

常に頭の中にいろいろな構想があふれていて、それを実現するにはどうしたらいいのかと考える時間はもっと楽しい。

多分、この事業はあと3か月ぐらいで軌道にのるような気がしている。。

というか3か月で道筋をつけないと、次の行動に移れない。

秋には、この事業に派生する、次の法人の設立が控えている。

こっちはさらにハードルが高くなるから、どうしたもんか思案中。

でもなるようにしかならないかな。

その考えでここまで生きてこれたから、これからもその考えで生きていくんだろう。

私ももう45歳。

私の尊敬する女性社長が、女性の50歳は一つの節目だから、きちんと覚悟をもって、自覚をもって迎えなさいと教えてくれた。

たしかにそう。

いろんな意味で、だいじな節目の年なんだと思う。

あと5年。

5年後の私は、どうなっているんだろう。

いまよりもまた新しいことに手をだしているのか、はたまた失敗して自己破産に陥っているか。

良くも悪くも楽しみだ。

一度きりしかない人生なら、いろんなことをしてこれからの有限の時間を使い倒したい。