先生と二人三脚

Writer: Rie nishizaka

昨日は、いつもお世話になっている精神科医の塚原美穂子先生と一緒に蒲田まで行って来ました。

伺った先は、蒲田駅から程近い堀耳鼻咽喉科。

実は塚原先生の手がけたアロマブランド「HiBiKi」の商品であるブレンド精油が出来上がったので、病院に置いていただけるようお願いに伺ったのです。ちなみに一般販売はもう少し先になります。

堀先生自身、ご自分の治療に自然療法を積極的に取り入れており、アロマテラピーや漢方などにもご理解があるということでのアプローチでした。

先生への説明の仕方など、前日から何度もシミレーションし、「失敗したらどうしよう・・・」とかなり緊張していた私。

伺ってびっくり!既に商品棚設置の検討に入っており、ご近所の工務店の方まで呼んで真剣に話をしている最中でした。

私自身、こちらがテーブルを持ち込んで商品をセッティングして・・・なんてことを考えていたので、先生のご対応には感謝しきり。

簡単な自己紹介の後、棚の打ち合わせ再開。

棚の材質を櫻にするか椋にするか、はたまた胡桃にするか・・・。

堀先生自ら採寸し、模造紙を使ってシミレーション。次から次へとアイデアが湧き出し、その都度動く動く。

ほんととってもアクティブ。あれよあれよという間に引き出し付の商品設置棚設置構想が出来上がりました。

それを工務店さんに発注して終了。

次は商品販売の打ち合わせ。実際の販売方法や在庫の管理、スタッフさん達への研修体制などいろいろ説明させていただきました。

塚原先生のお力添えなどもあり、こちらのほうも無事終了。まとまった数量を快くご購入くださいました。

堀先生、ありがとうございます。

帰り道、塚原先生と祝杯あげましたよ。HiBiKiブランド初めての売上ですから♪

今後アプローチをする病院やメディアカルアロマの有用性、将来展望などについて二人でいろいろ語り合いました。

先生と話をしているとどんどんアイデアが湧いてくるので、話が尽きることなく進むのです。

先生、これからも二人三脚で一緒に歩かせてください。

昨日はほんと嬉しいお酒でした。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/1289/trackback