ジェロビタール体験

Writer: Rie nishizaka

先日、ジェロビタールの体験エステにいくというブログを書きましたが、今日はその感想の話。

ジェロビタールはルーマニア生まれのアンチエイジング化粧品。
国全体が皮膚再生医療をに力を入れているので、重篤なトラブル肌に対しても劇的な回復力を発揮する化粧品なのだそうです。

体験した感想としては、「即効性あるなぁ」っていう感じ。目の下のたるみ、フェイスラインなんかは、塗ったあとからじわじわと引き締まってくる。

特にフェイシャルパックは、塗って3分ほどで毛穴がギュギュってしまる。

私もいろんな商材をみてきたけど、こんなに即効性があるのは初めて。

ネットで見た口コミでは即効性がありすぎて変な薬を入れているのではないかとも言われていたけれど・・・。

う~ん、そう思うのも分かる気がする。それぐらい結果がすぐに出る。

インストラクターの方によると、刺激性のあるものは一切入っていないため、絶対に安全に使えるとのこと。

確かに化粧品製造に関わる者としてシビアな目で見ても、成分自体は問題ないし刺激のあるような香りは一切しない。

さすが皮膚再生医療に力を入れている国家の一大プロジェクトだけあるわ。

即効性もさることながら、もっと驚いたのは保湿の高さ。

仕上げのクリームなんかは、かなり重くて、少し固まっているものを手の温度で温めて肌に丁寧に塗りこむっていうような状態。
入れていくうちに、初めのべたつきが自然と消え、肌に弾力が出てくる。

でも若い子にはちょっと重いかな。

アラフォー以上の方であれば、ちょうどいい保湿加減かもね。

なんにしても効果が高いのは十分分かりました。
値段はちょっと高めではあるけれど、コストパフォーマンスも悪くない。

よく個人輸入で買う人がいるらしいのですが、ルーマニアのジェロビタールは日本人の肌にはちょっと刺激が強いらしい。

確かに個人輸入だとすごく安いですよね。

日本のジェロビタールがルーマニアに比べて高いのは、ルーマニアの製品を日本人の肌向けに作り直しているからなんですって。

なので、それを知らずに安いからといってルーマニアから取り寄せてしまうと、反応が強く出てしまったり、刺激を感じたりしてしまうんですって。

購入するときには、日本人向けのものなのかどうかをきちんと確認してから買ったほうがよいですよ。

その目印はゴールドラベル。日本人向けの製品には必ずゴールドのラベルがついています。これは日本の薬事法にのっとっていますよという表示。

これがついていないものは、ルーマニア独自の製品ということです。

みなさん、よく見極めて買いましょう。

ちなみに、私が体験したサロンは麻布十番の予防医学研究所・麻布スタジオさん。

10分間の無料体験エステですが、効果のほどは確実に感じられますので、ぜひ尋ねてみてください。

HPはこちら。予防医学研究所・麻布スタジオ http://www.yobonhc.co.jp/

化粧品も通常は正規値段での販売になりますが、HPに会員登録するかもしくは体験エステを受けると、かなり安い金額で購入できます。

早速私も、うちのサロンの施術に組み込んでみようかなとも思って、フェイシャルパックとアイクリームを購入しました。

知る人ぞ知るアンチエイジング化粧品。一度使ってみる価値はあるかも。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/1342/trackback