精油の「化粧品成分」と「香料」のすみわけ

Writer: Rie nishizaka

前にクライアントから、「化粧品に香りをつけたいけれど、成分表示には「香料」って出したくない」と言われたことがあります。

「香料」と表示してあると人工香料をイメージしてしまうからだそうです・・・。

そんなことはないのですがね・・。でも確かにそう思っている人多いかも。

結局、香料表示しなくても良い精油を選びだし、それを駆使して入れ込む香りを作りましたよ。

ほんと結構苦労しました。

精油を化粧品香料として利用する場合、「化粧品成分」として記載できるものと、「香料」として記載するものがあります。

化粧品は薬事法で全成分表記が義務付けられているというのはご存知ですよね。容器を見ると小さい字がびっしり。

これをよぉーく見ていくと、たまに「ハッカ油」とか「カミツレエキス」とか、「ローズマリーエキス」とかでてくることがある。

これが化粧品成分として認められた精油です。

基本的に、化粧品に「成分」と表示できるものというのは、肌に対してきちんとした効果を持つことが研究の中で立証されたもの、ということになります。

ハッカ油であれば肌の引き締め、カミツレエキスであれば美白、ローズマリーであれば消炎(肌荒れ)などなど。

ほかにも、ボタンエキスやメリッサエキス、ユズ果実エキスなど、それこそ何十、何百って種類があります。

これに対して、研究がまだまだ追いついていなくて化粧品成分として認可されていない精油もあります。

これを香りづけの意味で配合すると、他に区分けできないので、まとめて「香料」という表示になるわけです。

「無香料です!」と謳ってあっても、実際には成分表示できる精油を駆使して、若干香りがつけてある、なんていうことはよくあることです。

でもかなり微香なのでそれほどわかりませんがね。

なので化粧品の場合、香料=人工香料ってことではないのです。

まあ、香料=未認可化粧品成分ってことになるのかも。

ちなみに余談ですが、食品に記載されている「香料」というのは、いわゆるフレーバー(食品香料)と言われるものです。

天然のフレーバーはまだ開発されていないようなので、食品の香料表示は間違いなく人工ものと思ってよいでしょう。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/1564/trackback