ブラックスプルースの効能

Writer: Rie nishizaka

ブラックスプルースはモミの木みたいな形をした木からとれる精油です。

学名はPicea mariana.
松科の植物で針葉から水蒸気蒸留法で抽出します。

香りはというと・・。
期待を裏切らずウッディな香り。
お風呂に入れると森の中にいるみたいな気分になれるんです。

この精油、実は皮膚科のお医者さんも使っています。

何につかっているか。
それはアトピー皮膚の痒みの緩和。
以前、テレビで見たことがあるんです。
皮膚科のお医者さんがアトピーの子供さんの皮膚にこのブラックスプルースを精製水で薄めたスプレーを吹きかけているのを。
そこでうちの輸入元、フランスの工場に聞いてみた。

「ブラックスプルースはフランスではどんな使い方をするのか!」

回答は「風邪や皮膚の乾燥の予防、アレルギー皮膚の痒みに利用します」
とのこと。

やっぱりそうか。なら日本にも入れてみようってことで輸入して今日にいたるわけです。

実は私、かなりの乾燥肌。
季節の変わり目や冬は、ひざ下や背中がかゆくてたまらなくなるんです。
なので、いつもお風呂に入った後は、ボディクリームを全身に塗りまくり、おかげて風呂上りの体はサッパリしているのではなく、ヌラ~ンとしている状況。

まあ、それはそれで良いものだけれど・・・。

というわけで、輸入早々、早速自宅で使ってみました。

お風呂に3滴入れて入浴。
感想としては香りがすごく良い。
ヒノキって感じではないけど、それに匹敵するぐらいの森林浴感がある。
サイプレスと合わせると更にすっきり感倍増。
横でカッコウの声でも流せば、軽井沢に行った感が味わえる・・・・かも。

効能はというと・・・。
1週間ぐらい毎日お風呂に入れて使ってみました。
まだ夏場だったのでこれということもなかったけど、秋口に入った時に効果を実感しましたよ。
いつもよりも痒みが少ない。
いかにボディクリームを塗ろうとも毎年痒みは多少なりともあり、「あ~またこの季節が・・・」なんて思っていたのだけれど、この時にはあまり気にならず、というか忘れていたぐらい気になりませんでした。

それ以来、季節の変わり目は、必ず1週間ほど集中してブラックスプルースを使っています。
もう3年ぐらいになるでしょうか。
今では乾燥も気にならず、逆にすべすべ肌になっている気がしています。

まあ個人差だから、絶対に!とか超強力!なんてことは絶対に言わないですが、機会があったらぜひ使ってほしいと思う精油です。

商品は池袋ロフト、吉祥寺ロフト、千葉ロフトでも販売中。
もちろんVELUTINAオンラインショップでも扱っています。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/1952/trackback