独立って大変だよね。うんうん。

Writer: Rie nishizaka

先週から何人かアルバイトの面接をしているわけなんだけれども・・・。

面接って勉強になるね~。

たった15分ぐらいの中でどれだけ見極めるかっていうことなんだけど、そんなことできるわけもないから、私はその人の持つ雰囲気だったり言葉づかいだったりっていうところで判断することにしている。

もともと正規の仕事を持っていてアロマは副業でって考えている人、フリーランスで働いている人それぞれなんだけれども、フリーで働いている人は、とにかく生活していけないっていうことを力説する。
生きていけないから来月から派遣の仕事入れるんですって悲痛な顔して訴える。

まあそれも自分が決めた道であれば、それでいいと思うよ。

確かにお教室の収入だけ!とか施術の収入だけ!っていうのだけでは生きていくのは大変だと思う。

私も昔は講師とか施術とかだけを生業にしてきた人間だから、収入面の不安定さってよくわかる。

つらいよね。うんうん。

でも気持ちもわかるけどさ、やっていけないならどうしたらやっていけるのかってことを考えたほうがよくない?
せっかく選んだ道じゃない。

独立って独り立ちっていう意味だから、それこそ自分が腹をくくらないと成り立たない行為だよね。
絶対生き残るっていう「覚悟」が必要なのさ♪

人間、究極に追い込まれれば、耳から知恵が出たりするもんだよ。(なんのこっちゃ!)

もがいて悩んで出した答えは、必ず次の道を作ってくれる。
そして絶対にそれを見ていて手を差し伸べてくれる人がいる。

つらさから回避するために楽なことを選んだら、不満と後悔の連続じゃん。
こんなはずじゃなかったのにって気持ちで派遣社員やられたら、派遣先の会社だって困っちゃうよ。

ってお前はどうなんだって言われそうだよね(笑)

私も日々ハムスターのように働いて会社を回している、しがない零細企業の経営者だけども、少なくとも今私が生きていけているのは、生き残りたいって覚悟とそれに手を差し伸べてくれた人たちとの出会いだと思う。

私は苦労やつらさに喜びを見出すドMだからね。
私と比べるのは良くないと思うけど、でもね、頑張っている人間には必ずご褒美があるもんだよ。

だからもうちょっとさ、頑張ってみようよ。ねっ♪


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/2009/trackback