映画 オーケストラ

Writer: Rie nishizaka

「これいいよ」と言って貸してくれたブルーレイ「オーケストラ」。

物語はロシア。

ボリショイオーケストラの天才指揮者と言われた主人公が、思想の違いから政府に突然解雇され、劇場清掃員として不遇の時代を送っている。

ある日支配人の部屋を掃除している時に届いた一枚のファックス。

それはパリシャトレ座からの演奏依頼。

そのとき彼はかつての仲間達を集めてオーケストラを結成しようと画策する

って内容なんだけど・・・。

初めはかなりはちゃめちゃで、ハラハラしたり笑ったり呆れたり、そりゃもう大忙し。

だって本物に成り代わってオーケストラを作ってしまおうなんて無謀じゃない?

でもたくさんの壁を何度も乗り越えて、ついに行くのよ。パリまで。

それからがまた珍道中。

メンバー達はフランス観光に夢中でリハーサルにも来ないの。

怒鳴りまくるシャトレ座支配人、頭を抱える主人公。

ここはネタばれになるから書かないけど、ギリギリのタイミングで一通のメールがメンバー全員に送られて、やっとみんな演奏会場に集まる。

ここから感動の波がジワジワくるわけですよ。

演奏が終わった時には自然と涙が流れてて・・・。

この映画、一緒に育つ感覚っていうのかなぁ。

共感する映画とか感動する映画はあるけれど、一緒に育つ感覚を受ける映画って初めてかもしれない。

あんなにダメダメだったのに、一生懸命頑張ってこんなにすばらしい演奏をするなんて、よくやったよね〜みたいな感じ。

あ〜いい映画だった。

心がほっこりする映画。

すばらしい映画に出会えました。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/2180/trackback