カモミールローマン&ジャーマン

Writer: Rie nishizaka

まったく!体調がよくなるとすぐにワサワサと動き始める西坂の悪い癖♪

出血を抑える精油はないものかと、布団の中でいろいろと考えていてふと思い出した、

そういえばカモミールに止血作用があったはず。

カモミールって言えば抗炎症、抗アレルギーが代表作用なんだけれども、確か昔ジャンバルネ博士の文献を読んだときにカモミールで傷の止血をしたってくだりがあったような・・・。いや違う文献だったか?

まあいいや。どっちでも。

それよりもローマンだったかジャーマンだったか。

二つともカモミールだけど含有成分が違うからどっちの成分が止血に効くのかわからない。

う〜ん、思いだせん。思い出せなくて気持ち悪いよ〜。

でも考え続けるのも疲れるので両方使うことにした。

ローマンとジャーマンを4;6の割合、3%濃度でサンフラワーオイルを使って希釈。

サンフラワーは匂いがきついから苦手だけど家にあるキャリアがそれしかないのだから仕方がない。

もうちっと濃度上げてもよかったけど、うろ覚えだからね。最初は低濃度で(いや一般的には高濃度です)。

ジャーマンの配合量を上げたのは、基本的にローマンとジャーマンでは効き目がジャーマンのほうが強いから。

ただそれだけです。頼りないセラピストですみません。

それはそうとして、作ったオイルを下腹部と腰にヌリヌリ。

より効果を求める時には香りを嗅ぐよりも塗ったほうが早いからね。

とりあえず夕方から1時間おきにきっちり量を計って塗ってみた。

まだ、うぉ〜っていう効果は出ていないけど、少なくとも昨日、一昨日みたいな大変な状況からは脱した模様。

これがアロマの効果なのか単なる経過的なものなのかはわからない。

でも下腹部の鈍痛はだいぶ楽になったかも。

あとは貧血だな。

この体のフワフワ感が落ち着けばまた元気よく飲みにいけるのに(ったくそこかよ!)

でもしばらくの間はこのダブルカモミール治療、続けてみます。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/2225/trackback