ネロリブレンド(香料編)

Writer: Rie nishizaka

先日、依頼されたブレンド作業。

ブログを見てご連絡くださった化粧品製造会社の方からでした。

今化粧品を作っているのだけれど、クライアントから指定された香料(精油)の価格が高すぎて困っているというご連絡。

確かに・・・・それは高すぎる。

だってネロリだもの。ネロリは高いよ。採油率が恐ろしく低いもの。

1キロの精油を取るのに必要な花は約1トン。しかも精油が取れる花は樹齢20年以上のものじゃないとっていう制約もある。

ひえ~って感じだよね。

というわけで、ネロリ単品では到底予算内に収まらないので、こちらから一つ提案させていただいた。

それはネロリ精油に他の安価な精油を入れ込んでネロリ精油の配合率を下げるっていうもの。

そうすれば全体の原価が下がるから、ギリギリまで予算に近づけられる。

でもこれって実はすごく難しい。

あくまでも香りはネロリでってことだから、入れ込む精油を慎重に選ばないと全く違うものになってしまう。

ネロリの量を極限まで下げて、他の精油のブレンドでネロリの香りを出すって、ほんと職人芸なんだよ。

って自分で言うなって感じだけど・・・。

しかし今回は難しかったよ~。

何度も失敗して、正直ちょっとブルーになった。

一滴間違えただけでも、全く別物になってしまうから、その度にやり直し。

何十回目かでようやく納得して、そして昨日無事プレゼン終了。

すごくいい経験した。レシピがまた一つ増えてご機嫌だ♪

基材に溶かし込むものだから、精油の時と基材に溶かした時と雰囲気がまた違ってくるのだけれど、それは想定済み。

こちらでも基材に溶かして何度も試したからね。

後はどの程度修正が入るのかでまた悩むのかもしれないけど、とりあえずは連絡待ち。

うまくいってほしいな~。

課長~、なんとかお願いしま~す。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/2299/trackback