日本医学協会主催市民講座「すこやかクラブ」

Writer: Rie nishizaka

先日文京シビックセンターで「認知症?物忘れを防ぐ生活の工夫」という題で市民講座を開催させていただきました。

主催は社団法人日本医学協会。西坂が所属している公益法人です♪

この市民講座は「すこやかクラブ」と言って毎月1回木曜日に開催させていただいております。

今回はVELUTINAも協賛という形で入らせていただいて、講座の講師はいつもお世話になっている塚原ドクターにお願いしました。

一度企画してみたかったんですよね。メディカル講座。

今までも医学協会ではさまざまな講座を開いてきていて、(過去に西坂もアロマと睡眠という講座をやらせていただいたことがあります。)、来月で200回目を迎えるんですよ。

西坂はとあるご縁でこの医学協会に入会させていただいて、約2年ほどたちましたでしょうか。

医師、看護師、薬剤師、栄養士、教職員の方々が多い団体なので、そちらのほうのお付き合いも昔に比べると増えました。

月に一度開かれる理事会では、いつもドクターの口から出る医療の問題意識に感服し脱帽しています。

先生方に共通して言えるのは「人のために何が出来るか」って事なんですよね。

市民講座「すこやかクラブ」を担当しているのは看護暦○十年の元看護師さん達です。

ご自分達の現場での経験を元に、より良い老後や介護の問題に真剣に取り組んでいます。

また、私の領域のアロマテラピーにもすごく興味を持ってくださり、現場に生かすにはどうしたらいいのかといったことを真剣にアドバイスしてくれたりするので、本当にいつも勉強させられます。

私は医師でも看護師でもないですが、人のために何かしたいという気持ちは一緒なので、これからも微力ながらお手伝いさせていただきたい!

みんなが笑って暮らせる世の中になりますように・・・。

現代医学と補完医療の融合。

それが西坂の理想です。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/2619/trackback