アロマテラピーの位置づけ

Writer: Rie nishizaka

日本で普及されているアロマテラピーはイギリス式のアロマテラピーだということは、以前お話させていただきました。

ブログ”フランス式とイギリス式”を参照。

メディカルアロマとは、その名のとおりアロマを「医療」に取り入れることです。

精油にはもともと、治癒的特性を持つ化学成分が含まれているため、それを上手に使うことで、免疫力の向上や傷の治療などが可能となります。

日本では精油は”雑貨扱い”とされているため、簡単に誰でも使うことができるように広告されていますが、実際は、使い方次第で毒にも薬にもなるものなのです。

フランスでは、症状にあった精油をオリーブオイルに薄めて内服し、成分を小腸から吸収させるというやり方をとりますが、これでさえも、すべての医師が許されているわけではなく、アロマテラピーや精油の特性を熟知した一部の医師や薬剤師が行えるものだと聞いています。

日本の薬事法では、精油は医薬品でも化粧品でもなく、単なる雑貨”フレグランス”のレベルに位置づけられています。

でも本当にそれでいいのでしょうか。扱うことに医療的専門性を求められる国と、誰もが扱うことが出来る国。

日本でもアロマテラピーに関する認定試験などの影響で、それなりの知識を持っている方も多くなりました。

でもその中のどれぐらいの割合が、アロマの効能、禁忌事項などをきちんと理解しているのでしょうか。

高血圧、禄内障、腎不全、肝機能低下、糖尿病、妊婦、高齢者、幼児などなど・・・精油の使用に制限のかかるケースはたくさんあります。

これらのケースにきちんと対応できる専門家の指導育成が急務であるとともに、国家的に、アロマテラピーについてもっと理解を深めていただければ、補完医療としてのアロマの有用性が少しは見えてくるのはないのかなと思っています。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/268/trackback