フェイスブックちと怖い

Writer: Rie nishizaka

フェイスブックやっている人は知っていると思うのだけれど、お知らせのところに「もしかしたら友達かも」っていう欄があって、ここに順繰り順繰り新しいアカウントが出てくる。

これはどういう基準で選んでいるんだろ。

同じ学校とか同じ出身地、誕生日、趣味・・・。プロフィールを入力してあるからそれで紹介してくるのかもしれないのだけど、最近ちょっと怖いなってことがあった。

絶対にフェイスブック上では公表していない共通項を持つ人間が「もしかしたら友達かも?」って欄で紹介されてた。

同姓同名なだけかなと思ってプロフィール見たら、やっぱり私の知っている人間だった。

なんでここに上がったんだろ。公表している共通項なんてないはずなのに・・・。

その時は、過去の私のワードが何かに引っかかったんだろうぐらいにしか思ってなかった。

でも今日・・・・。

今度はまた別のアカウントが紹介されてた。

私の一生涯の中で絶対に関わりになりたくない相手ワースト5のうち、№2にランクインする人物。

あ~。思い出しただけでも鳥肌が立つ。

記憶にとどめたくないぐらい拒否っているんだ私は!その№2を!

がぁ~っ!うっかり視界に入ってしまったじゃないか!

嫌だ、いやだ、イヤだ、IYADA!

それにしてもなんなんだ!

絶対に接点なんてないはずなのに。気持ち悪い。

正直すっごく怖くて、フェイスブックをやめようかって本気で考えてる。

今、企業サイトを作っているので、それが出来たら完全に移行して、私の情報は全て抹消しよう。

怖くてしばらく眠れんわ。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/2869/trackback