ブラックスワン 映画

Writer: Rie nishizaka

少し前、以前から見たいと思っていた「ブラックスワン」を見た。

ナタリーポートマンが主演のホラー作品。

人間の内面を恐ろしいまでに演じきった彼女の演技に感動した。

私は、映画館で映画を見るよりは家でお酒を飲みながら見るほうが好き。

自由に動けるし気兼ねがいらないから。

映画マニアのおかげもあって、いろいろと映画を見る機会が増えたけど、この映画は圧巻だった。

まさに「圧巻」としか言いようがない。

2時間弱。

酒も飲まずトイレも行かずに見入ってしまった映画は、この映画ぐらいじゃないだろうか。

彼女(ニナ)が演じる白鳥と黒鳥。

白鳥は清楚で美しく優雅。

黒鳥は激しく攻撃的で淫靡。

純粋で優等生のニナは白鳥は完璧だけれども、黒鳥の演技が出来ない。

官能とは程遠い生活をしているから。

そんなニナは踊れない自分を責めて、踊れないことに焦って、徐々に徐々に精神が壊れていくの。

その過程の演技がまぁあなた。

素晴らしいのでございます。

アカデミー賞とるのも分かるわ~。

ナタリーポートマンの女優魂が、なんというかすごい。

相当ストイックでないと維持できないあの体型だったりとか、ち密な役作りとか、怖いぐらいの気迫だとかが画面から伝わってくる。

感激だよ~。

生涯の残る一本って言ってもいいくらいの作品でした。

ご馳走様でした♪


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/2937/trackback