映画アバター

Writer: Rie nishizaka

アバターのブルーレイを見た。

いや~。すごい世界観。

ジェームズキャメロンさんの頭の中はどうなっているんだろうね~。

おもちゃ箱みたいな感じなのだろうか。

架空の世界、架空の人物、架空の物語・・・・。

これが上手にはまると妙に現実味のあるとてつもない物語になる。

そんな感覚を覚えた。

3時間ぐらいの超大作だけど、時間が気にならないぐらいあっという間だったなぁ。

当時この映画が上映された時には3Dでみるべし!みたいな風潮だったけど、あれを3Dで見たら吐くな。間違いなく。

私だったら画面に大噴射だわ。

それぐらいすごい映像。

また見たいな。

明日からの3連休でまた見てみようかな。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3093/trackback