ベル吉溺れる

Writer: Rie nishizaka

うちのおバカなヌコが風呂場を荒らしたあげく、浴槽に落ちて溺れかけるという事件があった。

落ちた瞬間を見れなかったのが残念だ。

前からなんども落ちているけれど、今回の落ちっぷりはまさしくバカ丸出し。

ザッパ~ンという音とともに、「プギャ~ァァァァ!」という悲鳴。

慌てて浴室に走ると、必死に縁につかまってよじ登ろうとしているところだった。

ここで一回大爆笑。

慌てて抱き上げて急いで浴室のドアを閉める。

このままリビングに走られては大やけどだからね。

その後のベル吉はまさにパニック状態。

自分がどうなってしまったのかわからなかったんだろうなぁ。

持ち前の大声を張り上げて鳴くわ鳴くわ。もう大騒ぎ。

少し落ち着いたところで、バスタオルで包み、嫌がろうが何しようがもみくちゃにして拭く!拭く!拭く!

足なんて毛が貼りついちゃって鳥の手羽先みたいになってんの。

ここで2回目の大爆笑。

バカだね~お前。

まったく。

写真は壁に寄りかかって寝ている図。これじゃ酔っ払いのおっさんだよ。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3132/trackback