荒川区町屋 隠れ家イタリンアン クリーク

Writer: Rie nishizaka

先日、久しぶりに町屋のイタリアン「クリーク」に行った。

さすが安定感抜群の味だ。ほんとにおいしい。

ビスマルク風ピザっていうメニューがあるのだけれど、これがまたなんというか、すっごい美味なの。

これが食べたくて行くって言っても過言ではないかもしれない。

このお店は、なんといってもシェフが料理に対してもワインに対しても、すごく豊富な知識を持っている。

その時期ならではのおいしい食材を使って、おいしい食事を作る。そしてそれに合うワインをチョイスしてくれる。

それが楽なんだよね〜。

先日は、水だこのカルパッチョ、ビスマルク風ピザ、三元豚のグリルを注文。

どれも外れない。お酒を飲む時には食事をあまりしない西坂も、ここだとついつい完食してしまう。

そして次の日の体重計の数字を見て激しく後悔する。その繰り返し。

おいしさという悪魔の誘惑を持つ店なのです。

料理に合わせてくれたワインもおいしかったなぁ〜。

見たことのないラベルだったけど、日本で販売されてんのかな。

時間がある時にでも、虎の門の「カーヴドリラックス」で見てこようかな。

名前は覚えていないけど、写真を撮ったから、それを見せればわかるっしょ。

すごく噛みそうな名前だったのは記憶しているのだけれど、言ってみろと言われると「あう〜」としか言えない。

あ〜また行きたいな〜。

バレンタイン催事の打ち上げで、使わせてもらおうかな。

羽鳥シェフ〜。

その時にはよろしくお願いします♪


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3271/trackback