ビブリア古書堂の事件手帖

Writer: Rie nishizaka

話題の「ビブリア古書堂の事件手帖」を読んでみた

とりあえず1巻だけと思って手に取ったけど、気づいたら4巻読破してた(笑)

前から少し気になってはいたけれど、本屋に行くといつも違う本を買ってしまい、なんとはなしに優先順位が低くなっていたこの本。

そしてやっと買ったものの、やっぱり他の本を読み始めてしまったりして、しばらく後回しになっていたこの本。

ちょうど電車に1時間ぐらい揺られる出張があったので、これ幸いと読んでみた。

そしたら意外や意外。

面白い。

読みやすいというべきかな。学生の頃にはまった赤川次郎的な感覚かなぁ。

サクサク読める。情景が目に浮かぶ。楽しい。

やられたね。これは。

そしてなにより、本が好きな人間なら、一度は読んでみたいあるいは読んでみたという本について、いろいろ書いてあるから、なお楽しい。

ほんとに読書欲をそそる本だなと思った。

こりゃ人気もでるわけだ。

4巻まで発行されててまだまだ物語は続くのだけれど、楽しみで仕方がない。

まんまとビブリアンの仲間入りを果たしてしまった。

早く5巻でないかなぁ。

出たら即効買うぞ!


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3442/trackback