最近ローレル精油にはまっています。

Writer: Rie nishizaka

ローレルって月桂樹のことだよ。

ただ月桂樹そのものとは少し違う香りかなぁ。

精油って、濃縮状態で抽出されるから実際の植物の香りと異なる場合が多い。

だからイメージが違うって言われることもしばしば。

ローレルもそうかもしれない。

でも私は精油の香りのほうが好きだな。

草のような香りの中に独特の甘さがあって、よくわかんないけど、ローレルの香りを嗅ぐと、昔、子供の頃にテレビで放映されてた「大草原の小さな家」を思い出すんだよね〜。

なんかさ、夏の森と川べり!みたいな。

あ〜こんなこと言うと年齢がばれるね〜(笑)

実は、ローレルってすごくやさしい香りなんだけど、効能は結構高い。

喉が痛いとか、声がかすれるとか、痰が絡むとかっていうときには、ほんと良い仕事するよ〜。

正直、昨日はちょっと寒かったからか、今私は猛烈に喉が痛い。

風邪には早めの対応が一番というわけで、パソコン脇にローレルを入れた陶器のカップを置いて、香りを楽しみつつ喉の不調も治していただいております。

あ!陶器カップには熱めのお湯を入れてね。

香りの立ち具合も良くなるし、ちょっとしたスチーマーみたいになるから、湯気をくんくん嗅ぐみたいに鼻を近づけると喉関係にはとっても良いです♫

あと、この前うちのスタッフちゃんから聞いたけど、ローレルには「讃える」って意味があるんだって。

だから古代ギリシャでは神々が月桂樹で編んだ冠を頭にのせてたのか〜なんて変に感心してしまった。

最近は、ロフトのスタッフちゃん達の中にもローレル好きが増えてきてて、私的には「よしよし♫」って感じ。

風邪引いたかも〜とか風邪ひいちゃったよ!って時には、一度ローレルを使ってみて♫


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3460/trackback