決まるのか決まらないのか

Writer: Rie nishizaka

取引が決まるかどうかの状況を彷徨っている案件が一つ。

決まれば大きいから、決まってくれたら嬉しいけれど、いまだに発注の兆しがない。

かと言って流れてしまったわけでもなく、もう少し検討…という状況がかれこれ3週間ほど続いている。

でもなぜか納期は決まっていて、発注が遅くなればなるほど、こちらの首が絞まるっていう、なんとも悲しい現実。

う〜どっちになるのかね〜。

ここのところそればかり考えているから神経が緊張しちゃって妙に興奮してるよ。

待つしかないってつらすぎる。

お願いだから納期の前日に発注とかはやめてほしい。

絶対不可能だから。

最終個数が決まらないと、製造自体出来ないんだよね〜。

容器の手配やなんやかんやもあるしさ〜。

あ〜、発狂する。

もうどっちかにしてほしい。どっちつかずの状態が続くのは精神的におかしくなる。

こんなに気を揉んでいる今もまた、一日一日と納期は確実に迫ってくる。

あ〜、

あ〜、

あ〜。

どうしたらいいんだ〜!間に合わなくなる〜!

駄目なら駄目って言ってくれ〜!

胃が〜〜〜!

崩壊する〜!

 


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3761/trackback