「プチグレンと一言でいってもね。実はいろいろあるんです。」

Writer: Rie nishizaka

ヴェルティーナのプチグレンは「レモンの葉と茎」から抽出したプチグレンです。

学名はCitrus hystrix。
Lemon tree
これって結構珍しいんですよ。

一般的に市場に流通しているのは、ビターオレンジから抽出されたプチグレン。

学名はCitrus aurantium var. amara。

よってアロマのテキストには「プチグレンはビターオレンジから抽出されたものであり、リラックス効果云々…」という説明が記載されているものが大半です。

でも本来プチグレンというのは、「シトラスフルーツオイル」とも言われ、一般的に柑橘系樹木の葉や茎から抽出される精油を指すもの。

なので、どの柑橘系樹木に属しているのかで、学名も成分も効能も違ってきます。

これはアロマセラピストでも理解していない人が多いです。

学名や成分組成を確認せずに、テキストから覚えた知識だけ披露して赤っ恥をかくという最悪の状況に陥らないようにしてください。

レモンプチグレンは、成分的に抗菌・殺菌効果、リフレッシュ効果を持つシトロネラールを多く含むので、気持ちを高めたい時、気分を切り替えたい時に利用できます。

果皮から抽出する柑橘系と違って光毒性がないので、1本持っていると何かと重宝しますよ。

ただし、シトロネラールには長期間高濃度で使用すると皮膚かぶれを起こすことがあるので注意してくださいね。

VELUTINAプチグレン 10ml 2,010円
http://velutina.net/products/detail.php?product_id=33
来月には5mlタイプ1,260円も新発売!


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3789/trackback