アロマテラピーにアメリカも乗り出した

Writer: Rie nishizaka

ツイッター仲間が次のような記事を紹介してくれました。

米軍、兵士のPTSD治療にアロマセラピーなどを導入!

以下[フォートライリー(米カンザス州) 8日 ロイター]引用

報道によると、ゲーツ米国防長官は8日、戦闘によって心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負った兵士の 治療に、アロマセラピーやはりなどの新しい手法を実験的に導入していることを明らかにした。

当地で開かれた兵士の妻らとの会合に出席したゲーツ長官は、出席者の1人からカイロプラクティックやはりによる治療が軍の保険制度に適用 されない理由について聞かれ、「実験的なチームを組織し、アロマセラピーやはりなどを含むさまざまな手法を試している」と述べ、非常に効果が出ているもの もあると明かした。

アメリカすごい!この寛容性・融通性が大国アメリカのベースなのかも。

PTSDやパニック障害、うつ病などに対する補完医療はアロマテラピーがもっとも良いと言われています。

ドラック中毒患者などの専門施設でも、アロマテラピーやフィトテラピーなどはカウンセリングの一環で普通に実施されているとか・・・。

日本ももっと注目しましょうよ。アメリカっていう大国が動いているんだから、日本が動けないわけじゃないじゃないですか。

保険制度、薬事法、いろいろな壁はありますが、まずは”患者さんが良くなることに手段は選ばず!”っていうことではだめですか?



Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/387/trackback