まじでビビった

Writer: Rie nishizaka

少し前の話。

私の真横で車同士がぶつかった。

ほんとすぐ真横。

いや~まじでビビった。

ガラスの破片が飛んできてさ~。

もう少しスピード出てたらぶつかった反動で車がこっちまで来てたかも。

事務所の前の交差点だったんだけどね。

しかしなんであんなところでって思ったよ。

状況を言うと

まず、信号が無い交差点を私が渡っていた。

右からタクシーが走ってきた。

徐行しないでそのまま行こうとしているようだったから、早く渡らないとと思って小走りしたら、私の真向かいから来たワゴン車とぶつかった。そんな感じ。

銀座の裏通りを走っているタクシーってほんとスピード落とさないんだよね。

多分真向かいから来たワゴン車は私が横断歩道を渡っているので、当然右から車が来ていても止まるはずだって思ったんじゃないないかなぁ。

でもタクシーは頭のねじが一本外れているから、自分の右から車が来ているなんてことは考えておらずそのまま直進したと。

まぁ譲り合いの精神がない者同士のありきたりの接触事故ってところか。

ヘッドライトが砕け散ってその破片がコートにバババッってきた時には、まじでおしっこちびりそうだった。

でも幸いなことに運転者同士も出血を伴う怪我はなかったみたい。

むちうちはあるかもしれないけど、大変な事態は避けられたからよかったよかった。

しかも事故った現場が消防署の真ん前だったから、対応の早い事。

確かに、なんかあっても救急車が止まっているから、即効運んでもらえるしね(笑)

私も事情を聴かれそうになったけど、打ち合わせに行く途中だったから、「私は大丈夫!(キリッ)」って一言言い残してその場を後にした。

でも電車の中で足が震えてさ~。

あ~ほんと怖かった。

あれから結構注意して道路歩くようになったよ。

事故には気をつけないとね。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/3872/trackback