精油は化粧品なのか雑貨なのか

Writer: Rie nishizaka

今、VELUTINAは「化粧品製造販売業者」「化粧品製造業者」の2つの免許を持っています。

これは、フランスから精油を輸入する際に、肌に塗布するものについては全て化粧品の扱いになるという関東信越厚生局の指示を受けたからです。詳しくは「精油のドタバタ輸入劇」をご覧ください。

先日、精油の追加仕入れを行う際、例によって、化粧品製造許可書を提出しに都庁へ行きました。

その際、担当者から用途について聞かれたため、前回同様、香りを吸入したり薄めて皮膚に塗ったりする旨伝えたところ、

薄めて塗るのは化粧品ではないので、この許可書の提出は必要ないと言われました。

要するに、化粧品というものは、そのままの状態で肌に塗布することができるということが条件とされるため、精油のようにキャリアオイルに薄めて使うものは 化粧品とは言えないということらしい。

そうは言われても、その許可書の写しがないと”輸入許可書”が申請できないためその旨説明すると、関東信越厚生局は何の権限があってそんなことを言うのかわからないと言い始める始末・・・。

出た!役所得意の無責任&たらいまわし。

前回も同じ方法で輸入したことを告げると、「資料の形式は満たしていますから、今回はこれで通しますが、実際に皮膚に塗ったりしているのならそれは薬事法違反になるかもしれませんよ。」ですって。なんだそれ!

結局どっちなの?化粧品なの?雑貨なの?雑貨だと税関通らないから輸入できないよ。

しかもアロマトリートメント自体が薬事法違反とは・・・なんたること。

資料の形式だけ満たしていればどっちでもいいけど、もしかしたら違反になるかもしれないなんて回答があるのだろうか・・・。

というわけで、日本アロマ環境協会にご連絡させていただきました。ただいま回答待ちです。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/403/trackback