精油の輸入について

Writer: Rie nishizaka

前回の都庁の担当者から言われたことについて(「精油は化粧品なのか雑貨なのか」参照)、本日、日本アロマ環境協会から連絡がきました。

協会の方の回答は次のとおり。

精油には、化粧品の材料である「香料」としての立場と、アロマテラピーとして使う「精油」の立場の2つがある。
香料であれば化粧品、アロマテラピーであれば日本では雑貨。
国内で精油を使っている分には、雑貨という立場でいいのだろうが、輸入となるといろいろと難しい問題が出てくる。

結局、精油の扱いは国の中でもグレーゾーンになっているため、関東厚生局の言う「グレーゾーンなら、精油は化粧品なんだという位置づけにして、きちんと国の免許(化粧品製造販売業者)をとって輸入しなさい」という指導もよく分かる。
ただ、アロマテラピーをあまり法律でがんじがらめにしてしまうと、極端な話、医療関係者しかアロマテラピーを扱えなくなるといった「弊害」が出てくることも否めない。
だったらここはあまり厳格に考えず、輸入の際は香料ということで輸入して、国内では雑貨として使えばいいのではないでしょうか。
申請と目的が異なると薬事法に反する場合があるというところも、宣伝方法などに気をつければ国もそれほど締め付けてはこないから。

という感じ。なるほど~。香料としての精油の立場もあったのか!と妙に納得。

それにしても輸入するときは化粧品で、国内についたら途端に雑貨になるなんて・・・。う~ん。悩ましい。

他の業者さんもそうやって輸入しているのかもしれませんね。協会の方、ご丁寧な説明ありがとうございました。

精油を輸入しようと考えている皆さん、この話が参考になれば幸いです。