ホリスティック医療とアロマテラピー

Writer: Rie nishizaka

ホリスティックって言葉知ってますか?

これはギリシャ語の「holos(ホロス)」という言葉が由来であり、ホロスとは全体的とか包括的とかいう意味を持ちます。

この言葉から派生した言葉としてはhealth(健康)などがありますが、この言葉は、健康は全体的な要素から構成されるという意味を込めてつけら れたのでしょうね。

さて、表題のホリスティック医療というのは、言葉の通り、患者が発症した病気を、その症状だけ観察するのではなく、患者を支える全ての要因について 把握し、最も効果的を思われる治療法を選択する事です。

なぜその病気が発症したのか、原因は生活環境なのか、ストレスからくる心因性のものなのか・・・。

そしてそれに応じて、病中病後のケアに食事療法や運動療法、漢方などの自然療法などを勧めます。

病気の発症を食い止めるには、患者自身の自己治癒力の強化が必要です。自己が元気になろうとしないと病気は回復もしませんし、回復してもまた再発し ます。自己治癒力の強化には、「自律神経のバランスを保つ」ということが重要なファクターして挙げられます。

自律神経が正常であれば、ホルモン分泌も正常になり、その結果、体の免疫力があがります。免疫力が上がれば、明日への活力が沸きますので自己治癒力 も増進されます。

アロマテラピーは、これら一連の働きを行うにはとても良い方法です。

精油の中の芳香成分の情報は、嗅覚を通じて脳に送られ自律神経のバランスを緩やかに整えます。

それと同時に、成分の薬理作用も鼻などの粘膜から体内に取り込むことが出来るため、神経を調整しつつ心身に起こる様々は不調も緩やかに改善されま す。自律神経が整えば免疫力が上がりますので、体の不調は徐々に無くなり、日々快適な生活を送ることが出来ます。

その継続が自己治癒力を増強する大きな要因となるのです。

こんなことが出来るアロマテラピー、もっと知りたいと思いませんか?


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/500/trackback