今年も一年が終わりました

Writer: Rie nishizaka

歳を重ねると日の経つのが早いというけれど本当にそうだと実感している今日この頃。

今年もよろしくお願いしますと各方面に挨拶したのが昨日のことのように思えます。

といいながら、今年はかなりいろいろなことが起こった一年だった。

新しい仕事、出会いといった喜ばしいこと、うれしいこと。

体調の不良悪化、人間関係のもつれなど嫌なこと、かなしいこと。

一生分の喜怒哀楽が来たのではないかとおもうぐらい激動の一年だった。

特に体調面での不良は、仕事の先行きとか自分自身の将来とかを根本から見直す良い経験になったと思う。

たしか去年の2月ぐらいからぐらいだったと思う。

身体がだるい、気持ちが沈むといったような気配が見え始めた。

初めは酒の飲みすぎかとも思い気にも留めなかったけれど、春を超え夏に差し掛かった時には、明らかに異常な体の変化を感じた。

胃の痛み、もたれ、頭痛、吐き気。毎日それが繰り返し襲ってくる。でも仕事も忙しかったし、ちょうどそのころとても強いストレスを感じる出来事が続いていたので、

あえて病変に目を向けず、精神的コントロールで日々の生活を凌いでいた。

でも8月、いきなりの吐血。

ほんとにもうガハッ!って感じ。ガハッ!!

場所がパチンコ屋のトイレっていうのもかなりシュールな絵面だけれども仕方がない、ほかに場所が見つからなかったから(笑)

ちなみにパチンコ中ではありません。出先で仕事をしていた時の話です。

その後病院に行き、速攻胃カメラ攻撃。結果は多発性胃潰瘍。上部食道出血。

よくもまぁこんなになるまで我慢したよと飲み友のドクターに言われ、頭を掻く西坂。

そして、仕事し過ぎ、ストレス受け過ぎ、入院検討、ストレス要因排除、酒禁止と次から次へと矢継ぎ早に言われ、どんどん小さくなる西坂。

はい…わかってます。わかっているんです。

そしてもっと西坂を悩ませたのが、顔中にできた吹き出物。とにかく顔だけはやめてくれというぐらいひどかった。

胃の痛みが治まるにつれ、どんどんひどくなる顔。

夜は痛みで眠れず、昼は外出もできない。やむを得ずの外出は、ボコボコを目立たないようにするため、何重にも層をつくる化粧。そして悪化。完全に負のスパイラル。

消炎剤を飲んでも効かない、ステロイド塗っても効果なし。

ドクターからはアレルギーでもないしアトピーでもない、とにかくストレス性のものとしかいいようがないから、気持ちを静かに保って

ゆっくり静養なさいと言われたけれど、こんなおばちゃんになっても私はまだ女性なのです。

女性にとって、顔がぐちゃぐちゃになるというのは死にたいぐらいのストレスなのです。

まぁでも、ようやく今落ち着いてきましたよ。

痛みも気にならなくなったし、日々異なるところにできては消えしていた炎症も、出てこなくなった。

まだ完全とはいえないまでも、化粧をすればなんとか隠せるぐらいのところまで回復してきたので、この状態で年を終わることができて本当によかった。

誘われた数々の忘年会もつつがなく参加することができ、なんとか無沙汰をしないで済んだなと胸をなでおろしている。

若いころは、どんなにストレス負荷の高い環境にいても、体力と気力で乗り切れたけれど、さすがにこの歳になると受けたストレスは身体にダイレクトにでてしまうんだね。

気をつけないといけないなと本気で思った。

結局、今年は良いことよりも悪いことのほうが多い一年だったけれど、人生はプラマイゼロだと思って生きていこう。

きっと来年は良い年になるさ。

いろいろ助けてくれた方、励ましてくれた方、力を貸してくれた方、本当にありがとうございました。

皆さんがいてくれたおかげで西坂はまだ生きていられます。

来年は西坂が、みなさんのために御恩返ししますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/5281/trackback