HPのリニューアル

Writer: Rie nishizaka

以前から手がけていたHPのリニューアルがやっと完了しました。
着手してから完了まで約3ヶ月ほどかかったでしょうか。

長かった・・・。作りこみの時も、サーバ移管の時もいろいろあったけれど、今となればよい思い出です。

ほんの半年前までは、自分でHPを作るなんて思ってもみませんでした。自分が出来ないからプロってものがいるんでしょう、っていう考えだったので・・・。

でも「HPは会社の顔なのに、更新作業もデザインもすべて人任せでいいんですか?」ってSEのTさんに言われてちょっと絶句。
確かにそうなんですよね。HPを見て会社の信用性って図るところがあるから・・・。

じゃあやってみよう!

まずは枠作り。WordPressというシステムにアカウントを登録してブログ用のテンプレートをダウンロード。
世界中のエンジニアやデザイナーが作った公開テンプレートなので、唯一無二のものではないけれど、そこは我慢。
テンプレートが決まったら、HPの構成を考える。
どのぐらいのページが必要なのか、トップページのデザインは?のせる写真は?ページの記事は?考えることが盛りだくさん。
作るに当たっては、プログラム言語であるHTMLとデザイン言語のCSSの知識も必要なので、本屋にいって辞書を購入。

基本的にはブログの構成なので、文字とかはうちやすく出来ています。デザインもある程度はボタンで対応できる感じ。
でも、細かいところになってくると、HTMLを見ながら修正する必要が出てきます。
特に書いたものとプレビューが違う場合などは、HTMLの不具合が原因だったりするので、どこが違うのか!から解明する必要があります。
初めは何が書いてあるのかわからなかったHTMLも、辞書を片手に自分で書くうちになんとなく分かってきました。
辞書で対応できないものは、他の会社のHPに書かれているソースを、コピーしてきて自分のところに貼り付けたり、Tさんに聞いたり・・・ネットで調べたり・・・。

でも、出来るようになるとだんだん面白くなってくるもので、思いつくままページを作ってしまい、Tさんに「どこに視点を当てたページなのかさっぱりわからない」なんていわれる一幕も・・・。

まあ、そんなこんなで作った結果が、今のHP。VELUTINA(ヴェルティーナ)公式サイト
所詮は素人なので、プロが作るみたいにデザインチックにはいきませんが、これはこれで満足しています。
更新も自分の好きなように出来るし、デザインも思いついた都度変更できる。
作ってよかったなぁと思っています。

根気良くシステムの仕組みについて教えてくれたTさん、本当にありがとうございました。
時には厳しく、時には持ち上げて、私のモチベーションを保ってくれました。
TさんのスパルタドS指導がなかったら、きっと途中で投げ出していたでしょう。

なるべく自分で調べるようにしますが、どうしても分からないときは、また教えてください。
よろしくお願いいたします。


Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://blog.velutina.co.jp/archives/908/trackback