You are currently browsing the archives for 2月 2011.
Displaying 1 - 5 of 8 entries.

国技館とファッションショーとちゃんこ鍋

  • Posted on 2月 24, 2011 at 4:10 PM

昨日は桂由美先生のファッションショーで両国国技館へ行って来ました。

実は両国国技館、初めてだったんです。

先生の化粧品を取り扱っている会社の社長様のご招待だったので、席は1F席。ステージから10メートルほどのところでしょうか。

とっても良く見える席でした。

ドレスの美しさもさることながら、びっくりしたのはゲストとして出演したK-POPの歌手達。

おばさんの私には、誰が誰だかわからないのだけれども、ファンの子たちはものすごい盛り上がり。

歌手達がステージに立つだけで地鳴りのような悲鳴があがります。今日はライブ会場にきたんだっけ?と思うぐらいの熱気。

光る棒を持った若い子たちが、メンバーが動くたびに嬌声を上げ大興奮。

あ~。これが韓流パワー・・・。

まさしく絶句の一言でした。

それにしても由美先生のドレスとっても素敵だった。

桂由美ブランドを若い世代にも広めたいということで、デザインも可愛らしくキュートなものが多かったです。

モデルの子もちょー可愛い。顔がちっちゃくって手足が長くって、ドレスがとっても良く似合う。

ウエディングドレスなんてずっと昔に一度着たきりだけど、あ~また着てみたいなぁなんて思ってしまいました。

ショー後は、スタッフとその日ご一緒させていただいた化粧品OEM製造会社のS専務と近くのちゃんこ鍋やさん江戸沢総本店へ。

ここはあらゆるタイプの個室があるので、接待向きなんです。

ちゃんこもおいしかった~。話も結構弾んでとても喜んでいただけたので、私にとっても有意義な一日でした。

国技館とファッションショーとちゃんこ鍋。

普段経験することのない体験を一日でしてしまった私は、とっても幸せ者です。

精油の品質ってここに出ます。

  • Posted on 2月 17, 2011 at 6:55 PM

比重、屈折率、施光率って言葉ってご存知ですか?

うちはフランスから精油を輸入していますが、輸入の際、必ず成分分析表というものが添付されています。

精油の品質っていうと、成分分析表がついているか、とか、成分がきちんと表示されているか、っていうことが重要視されますが、

実は、冒頭にいった言葉が表す数値のほうが大事だったりします。

それはずばり精油の純度!

不純なものが混じっていると、この3つの数値に反映されてしまうんです。

とりあえず、簡単に各文言の説明をしますね。

【比重】
これは、精油の純度を表す数値です。
精油と蒸留水を比べた場合の重量比を測定します。
もっと分かりやすく言うと、蒸留水の中に精油を落としたとき、精油って浮き上がってきますよね。これは精油は水に比べて軽いからなんです。この精油がどの程度の重さを持つかということを示した数値が比重です。
精油の成分により数値が異なるので、一概にこれだってことは言えないのですが、大体0.8~0.9ぐらいでしょうか。
大半の精油は1%以下の数値を示します。
ここから著しく逸脱しているような精油は、純度が低いとされます。

【屈折率】
同じく精油の純度を表す数値です。
精油が空気中に揮発した時の光の屈折度合いを測ります。
屈折角と入射角から導き出すのですが、計算が難しいのでやったことはありません。
これもこれも精油によって様々なので、一概には言えないのですが、フランスだと約1400~1600という数値が屈折率の適正範囲となっています。

【施光度】
精油中の不純物の有無を確認するための数値です。
精油に光を当てると、独特の横波が発生します。この振り幅を測定したものが施光率です。
その精油が天然物なのか人工物なのかは、この計測をすると一発で分かるそうです。
精油によって数値がかなり異なるので、一般的な数値は書けないのですが、いろんな成分分析を見て平均的な数値からかなり逸脱しているようなものは、疑ってかかってもいいかもしれません。

まあ、その前に、質の悪いものは成分分析表なんて出さないと思いますが・・・。

一応、素人勉強なので、もしかしたら「それ違うよ!」ってこともあるかもしれません。
そのときには、優しく指摘してください(汗)

分析表を見たら、成分だけ見るのではなく、他の数値もいろいろ見てみてくださいね。
結構面白いですよ。

睡眠アロマの講義をさせていただきました

  • Posted on 2月 17, 2011 at 4:31 PM

先日、田町で「睡眠とアロマテラピー」という題名で講義をさせていただきました。

主催はNPO法人睡眠時無呼吸症候群ネットワークさん。

私が所属している日本医学協会と長いお付き合いらしく、その関係で私のところに講義依頼が来たのです。

受講生は約20人弱ぐらいでしょうか。
結構年配の方が多いと聞いていたので、大きな声でわかりやすく説明するということに重点を置きました。

アロマって何?からはじまり、アロマと睡眠の関係、睡眠に利用できる精油の説明などなど、1時間半という短い時間ではありましたが、

皆さん、とても真剣に聞いてくださって、質疑応答などもかなり活発でした。

精油の説明をするごとに、実際の香りを皆さんに確認していただいたのも功を奏したかな。
笑顔に包まれた講義でした。

私自身、とっても楽しかったので機会があればまたやってみたいなぁ。

講義の最後には、みんなで快眠スプレーを作ったのですが、これもまた大好評。

あ~でもない、こ~でもないといいながら、いろんな精油をかぎまくり、「入れすぎた!」「よく振って」などと、楽しげな声が飛び交います。

ちょっと精製水が足りなくなってしまって、バタバタしたけれど、それも愛嬌!

楽しみながら物を作るということが大事。

いい経験でした。

講義後はみなさんでお菓子とお茶を頂きながら、雑談タイム。

アロマを導入している病院の話や、介護センターの話など、逆にいろんな情報いただいちゃいました。

ありがとうございます。

みなさんとお知り合いになれてよかった!

いくつになっても、いろんなことに興味をもって行動的でいられるって素敵。

私も見習います。

NPO法人睡眠時無呼吸症候群ネットワーク http://www.sas-j.org/index.shtml

日本医学協会 http://www.mars.sphere.ne.jp/igaku-kyokai/

化粧品工場に行ってきました!

  • Posted on 2月 17, 2011 at 3:51 PM

先日、化粧品製造工場の見学に、埼玉県の坂戸というところに行ってきました。

訪問させていただいた先は、株式会社トレミーさん。

トレミーさんは、府中市の分倍河原に本社や研究所を持つ化粧品会社さんです。

通常、工場の中ってあまり見せてもらえないのですが、こちらの社長様はとっても理解のある方で、実際に見たほうが勉強になるからと見学を許してくださったんです。

社長~ありがとうございます~。

私も初めての経験だったので、伺う前からソワソワ、ワクワク。

予定よりも早く着き過ぎてしまった私を嫌な顔することなく、迎え入れてくれた工場長さん・・・イケメンでした(笑)

工場長、顧問の先生、そして専務さんの3人にご案内を受け、早速工場内部へ。

第一印象は、「綺麗な建物だなぁ」って感じ。

ほこり一つ無いんです。室内全てがクリーン。
従業員の方もとっても礼儀正しくて、こちらも気合入れなおしました!

顧問の先生に一つ一つ丁寧にご説明いただき、初めに成分分析や薬事法のチェックなどを行う品質管理部へお邪魔しました。
初めて見る液体クロマトグラフィー(分析器)に大興奮。
精油の世界でもガスクロマトグラフィーというのがあるのですが、現物を見たことが無かったので、一度見てみたかったんです。

興奮冷めやらず、いよいよ、製造ルームに到着。
中に入ることはできないので、窓越しなのですが、これまた圧巻。
小さな釜から大きな釜まで、綺麗に一箇所にまとめられていて、その一つ一つが綺麗な光を放っていました。

中でも一際目を引いたのは、2トン釜と言われる大きな釜!OEM業者さんの工場でここまで大きな釜を持っているのはなかな無いんですって。お水をいれるだけで40分もかかるそうです。すごいですよね。
これで化粧品を作ったら一体いくつ製品が出来るやら、経験の浅い私には予想もつきません(汗)

それともう一つびっくりしたことが・・・。
化粧品の攪拌作業をする際に、釜の中に刃のついたプロペラのような機械を入れるのですが、その回転数やプロペラの角度、速度などはすべて職人さんの熟練した技で成り立っているそうです。研究所が出した処方を現場の技術が支えているって感じですね。
いやはや感服しました。

次は充填&包装作業。
こちらは機械部分と手作業部分が、とてもバランスよく組み合わされていて、実にスムーズ。
作業員の方々が一人一人自覚を持って丁寧に目検し、完成した商品を大切にパッケージしていました。
いろんなところで目検が入るので、チェック体制は万全ですね!

そして最後の種明かし。
工場内が綺麗なのがわかりましたよ!
廊下の角に装着されている埃だまり予防のレール、天井照明のくぼみに設置してある虫よけのフィルム、室内あらゆる箇所につけてある紫外線滅菌器などなど、ほんとに細部にわたって衛生面に気を使われていたんです。
そういうことだったんですね。
こういった気遣い・配慮が商品の品質となって現れる、まさに社長様の思いが詰まった工場でした。

肌につける化粧品だからこそ、衛生面、管理面がきちんとした会社にお願いしたいですよね。

社長様、専務様、そして工場長、顧問の先生、そしてそしてトレミー坂戸工場の皆さん、本当にありがとうございました。
この経験を生かして、お客様にもっともっとより良いご提案ができるよう頑張ります!

オリジナル化粧品・医薬部外品の企画・製造
株式会社トレミー http://www.toremy.co.jp/

システム監査から得られたこと

  • Posted on 2月 17, 2011 at 1:36 PM

先日、休日の午後を利用してVELUTINAのシステム監査をしていただきました。

システム監査と言ったって、そんな大げさなもんではないのです。
ただ、最近私、HPの更新作業の際に大失敗をやらかしちゃったんです。
あまり考えずバージョンアップの作業をしたら、HPの画面が全部崩れちゃって・・・。
その時の心境といったらあなた・・・。頭の中は真っ白。終わったなと思いましたよ。

幸いなことに、うちのHPはブログのテンプレートを利用してHPに作り変えているタイプ。
なんとか他のテンプレートを当てはめることで、最悪の状況は免れ、今は一応見られるレベルには至っています。

で・・・。

その件があってから、やっぱり一度きちんとプロのアドバイスを受けたほうがいいかなと思い始めました。
今までは、店の近所に住んでいた親切なSEさんにいろいろ教えてもらっていたのです。
このホームページも彼のアドバイスがあってこその賜物なんですよ♪
でもいつまでも甘えているわけには行きませんからね。
知り合いの伝でシステムコンサルを専門にやっている方をご紹介いただくことにしました。

彼ももともと、何度かお会いしたことがある方なので、ざっくばらんに今の状況を一通り説明し、システム環境をみてもらいました。
ちょっと予断ですが、彼は一見見たところ、あまり技術屋というイメージがありません。
SEの人にありがちな草食感や引きこもり感が全く無く(SEの方すみません)、どちらかというと体育会系の営業マンみたいな感じ。
システム用語などは一切使わず、売上をあげるためには、集客するためには、今どうするべきかといったことを、事例を交えながら的確にわかりやすく話す。

企業システムのビジネスモデルを提案している会社に勤務しているだけに、システム慣れしていない人間にもイメージしやすい説明の仕方を知っている・・・そんな感じ。

結果としては、うちはサイト構築において重大な過ちをおかしているそうです。

がぁーんんんん!!!!! なんてことを・・・。

今ここでいろいろ言っても長くなるだけなので、簡単に言いますが、
サイトの位置づけと提供したい情報をはっきりしなさいということ。
やみくもにページを増やしたり、やみくもにいろんな機能をつけることは得策ではないし、サイトのレベルを下げる要因になる・・とのこと。

確かに・・・。

下手にシステムの知識がついてしまった分、細かい機能をつけてみたり、ページをどんどん作って情報を増やしてしまったりしてる。
そっかぁ。自己中心的になってた。
やっぱりシステム的な見せ方って重要。
よかれと思ってやってきたことが、全て裏目に出ていたと知り、ものすごく落ち込んだ私。

でもまあ、よくぞここまで作ったもんだというお褒めの言葉をいただき、海の奥底まで落ち込んでしまった私の気持ちは、水深100Kぐらいまでは戻ってきました。

反省点はいろいろあるにしろ、結果的にきちんと気づいたのだから、後は時間を見つけて直していけばいいさ。

とりあえず、半年後の売上目標を決め、それにあわせてサイトを構築しなおし、様子を見ることにしました。

まずはここからがスタート。

かなりシステムの規模も大きくなってきているので、この前のような失敗を繰り返さないよう、慎重にやるべし!