You are currently browsing the archives for 3月 2011.
Displaying 1 - 5 of 5 entries.

香料界の師匠

  • Posted on 3月 30, 2011 at 2:11 PM

先日、とある方のご紹介で、調香師の方とお話させていただきました。

この方は日本最大手と言われる香料会社で、常に調香師の育成に関わってきた、調香師中の調香師。キングオブパヒューマーです。

現在は退社しご自身で会社を起こされ、アメリカを拠点にグローバルな活動を続けております。

そのような方が、うちのような小さな会社にいらしていただけるなんて・・・・。

いらっしゃる時間まで気分も落ち着かず、事務所の片づけをしてみたり、お茶の確認をしてみたり・・・。

実際いらした後もお茶を入れる手が若干震えていたかも。

そんな西坂の緊張をよそに、先生はとてもやわらかなオーラを持って現れました。

すごい厳しい人を想像していた私は、正直拍子抜け。でもそのおかげですごく沢山お話させていただくことができました。

今の会社の業態、今後の展望、アロマテラピーと香料の2足のわらじを履くに当っての決意などなど。

極度の緊張でかなり早口だったけどなんとか説明できたかな。

先生は、そんな私をじっと見て、アロマと香料との違い、それぞれのメリット、デメリットをとても丁寧に話してくださいました。

天然香料のこと、人工香料のこと、その有用性と将来性、面白さ、奥深さ・・・。

特にアロマテラピーと香料の違いのお話はかなり面白かった。

アロマと香料は香りという部分では似ているけれども、実は全く接点のないもの。だから同じフィールドで話をしてはいけない。

頭を切り替えて全く違うものとして捉えないと、それぞれの良しあしが見えてこない。

なるほど・・・。

確かにおっしゃるとおりです。

帰り際今度またゆっくりと・・・とありがたいお言葉。

次回、食事でもお誘いしてみようかな。

もっともっと香料のお話を聞かせていただきたいです。

何度か読んで机の下にしまった香料の本、また出してきて一から勉強しよう。

と、心に硬く決意した西坂なのでした!

両親が避難しました

  • Posted on 3月 22, 2011 at 1:12 PM

3月19日、両親と兄夫婦が福島から避難してきました。

松戸の親戚が空き家を一軒開放してくれたので、両親と兄夫婦はしばらくそこに身を寄せることに・・・。

本当は、私が両親を引き取りたかったなぁ。

でも周りの心配をよそに本人達は、いたって暢気で、すぐにでも帰る様なことを言っているので、それなら福島に近い松戸のほうが便がいいかなと・・・。

避難するにあたっては、ガソリン問題がやはり大きな壁だったけど、なんとか途中のGSで給油をすることができ、8時間以上かけて一般道を走ってきたそう。

お疲れ様でした。

原発が落ち着くまでは、こっちにいてもらいたいです。

それにしても、震災はすごかった。

兄がデジカメでとった写真を見せてもらったのだけれど、漁協のビルの4階の窓が壊れてたり(そこまで津波がきたってことです)、家の入口には流されてきた車が玉突き状に並んでいて道がふさがっていたりと、そりゃもう大騒ぎ。

家の前に建っていた木造の家は傾いて隣の駐車場に移動してしまっているし、その隣の家は津波がまさしく通り抜けましたって感じで、家の真ん中に大きな穴が空いている。

いまさらながら波の強さと恐ろしさを実感する写真でした。

幸い、うちは前に建っている家たちが防波堤になったことと、他の家よりも若干土台が高かったこともあり、床に海水があふれ出したぐらいでなんとか持ちこたえました。骨組みがしっかりしていたこともあるかもしれません。

ありがとう、積水ツーユーホーム。

築25年ぐらい経つけれど、写真を見る限りしっかり建っていました。

そんなこんなで私の心配の種だった両親は無事避難。

でもまだ現地に親戚が大勢残っているので、すんなりは喜べない心境です。

でもまあ、これで仕事にも集中できるので、とりあえず状況が回復するまではこっちでゆっくりしてもらいたい。

そんなことを考えながら今日も仕事をする西坂なのでした。

ツイッターに助けられた私

  • Posted on 3月 18, 2011 at 3:31 PM

地震があった時に心から思ったこと。

ツイッターやっててよかったってこと。

携帯や固定電話が通じない中、唯一ツイッターは動いてました。

友人ともそれで連絡が取れて一緒に帰ることができたし・・。

帰り道、情報が全く入らない中、いろんな人のツイートから情報をもらい、勇気をもらいました。

中には、悪質なデマツイートを流す可愛そうな人や、えせ評論家よろしくツイッターはこう使うべきみたいなことをいう机上空論人もいたけれど、今はもう過ぎたこと。

良い面のほうが100倍あったもんね。

もしこの先親と会えたら、早速アカウントをとって携帯から使えるようにしたいと思っています。

まだ登録していない人は登録しておいたほうがいいですよ。

何かのときに絶対役に立ちます。

長い長い一日

  • Posted on 3月 17, 2011 at 3:33 PM

3月11日。多分一生忘れないであろう一日。

その日、地下のイタリアンでちょっと遅めの食事をしていた私は、ちょうど食後のコーヒーを飲もうとしていました。

カップを持ち上げたとき、なんとなく違和感が・・・。

「地震?」天井をみると照明が揺れいています。

いつものようにすぐに治まるだろうと思っていると、これがなかなか止まらない。帰ろうかどうしようか迷っている矢先、店の人間からの避難命令が・・・。

多分、私を含め中にいた客達は、その言葉を待っていたのだと思います。一斉に立ち上がると出口に向かって走り出しました。

地下なので恐怖感も倍増なのでしょう。

地上の揺れに恐怖を感じて階段の上で止まってしまう人、下から悲鳴を上げながら押し上げる人、階段途中で泣き出す人・・・。

恐かった・・・。本当に恐かった。ちょうど階段の真ん中あたりまで来たときに、一度目の大きな揺れ。思わず前にいた男性のスーツをにぎりしめちゃいましたよ。

正直「これまでか・・・」と思いました。

やっとのことで外にでると、足が震えて座り込みそうになるのを堪え、事務所に戻りテレビをつけました。

テレビの速報で「東北地方で震度7。津波警報発令」。

愕然としました。うちの実家は福島県いわき市の江名という小さな漁港。大きな津波なんて来たら一発で流されてしまう。

それからは事務所の揺れの恐怖と、両親の心配で頭がパニック。

高齢の父は目が見えないので何をするにも母の介護が必要なんです。

逃げる途中で足元のおぼつかない父が怪我をしてしまったらどうしよう。母がそれに巻き込まれてしまったらどうしよう。

もう車に乗っただろうか。それとも裏の観音山に登ったのだろうか・・・。津波警報は鳴ったのだろうか。避難場所はどこなんだろうか。

あ~神様。どうか両親を助けてください。都合がいいようだけど本気の神頼み。

通信手段がないというのは、こんなにも人を慌てさせるものかと再認識しました。

その後、地震の鎮静とともに自分も落ち着きを取り戻し、とりあえず仕事を再開。

余震を繰り返す事務所の中で恐怖と戦いながら書いた見積書。

クライアント様。私の念がこもっているので、ぜひ正式発注お願いします。

その後、心配してかけつけてくれた近くに勤務する方と一緒に歩いて帰ることに。

両親のことを思い泣きながら歩く私に、「俺はとっても運が強い。だから今俺と歩いている人の家族にその運は間違いなく伝わる!」と彼。

なんの根拠もない言葉だけど、思わず笑ってしまいました。

ありがとうございます。その言葉に救われました。

暖をとりながら歩くこと3時間。

ヒールで歩くのがつらくて、途中でスリッパに履き替えたりしたけれど、なんとか無事家までたどり着きました。

子供たち(猫達)も無事で、明け方には両親とも連絡がとれ、とりあえずほっとした私。

でもまだまだ気は抜けないです。津波から逃げても原発からは逃げられませんから。

それにしても3月11日はほんとに長い一日でした。

猫も大好き!キャットニップの効能

  • Posted on 3月 9, 2011 at 4:26 PM

先日、キャットニップ精油を扱ったので、このめずらしい精油について書いてみます。

キャットニップというのは、学名Nepeta cataria(ネペタ・カタリア)といい、和名はイヌハッカです。

なぜキャットニップって言われるかって、それは猫がとっても好きな香りだから。

この精油の中に含まれるネペタラクトンという成分が、猫をとっても幸せな気持ちにさせるのです。

アメリカではよく猫のおもちゃに使われていたりするようですよ。

日本ではまたたびのほうが有名ですが、またたびの中のマタタビラクトンより、ネペタラクトンのほうが効果は高いみたいです。

精油の使い方としては、あまり人間に使うことは無いのですが、しいて使うとしたら、鎮静系でしょうか。

ごく微量で鎮静作用、解熱作用などを発現するようです。

ただ高濃度で使うと頭痛などが起こるので、お部屋などで焚くときにはあくまで微量でお願いします。

猫ちゃんがいるご家庭などには、良いかもしれませんね。

猫だってイライラしたり情緒不安定になる時がありますから・・。

分かるか分からないかぐらいの極微量で焚いてあげると、飼い主さんも猫ちゃんもきっと一日ハッピーでいられます♪

一般的な精油ではないので、大手のペットメーカー以外はあまり需要はないのですが、もしペット関係の商品を小ロットで作りたいな!なんて思っている方がいたら、ぜひご相談ください。

きっと面白い商品が出来上がると思いますよ♪