You are currently browsing the archives for 5月 2011.
Displaying 1 - 5 of 5 entries.

精油の「化粧品成分」と「香料」のすみわけ

  • Posted on 5月 21, 2011 at 4:49 PM

前にクライアントから、「化粧品に香りをつけたいけれど、成分表示には「香料」って出したくない」と言われたことがあります。

「香料」と表示してあると人工香料をイメージしてしまうからだそうです・・・。

そんなことはないのですがね・・。でも確かにそう思っている人多いかも。

結局、香料表示しなくても良い精油を選びだし、それを駆使して入れ込む香りを作りましたよ。

ほんと結構苦労しました。

精油を化粧品香料として利用する場合、「化粧品成分」として記載できるものと、「香料」として記載するものがあります。

化粧品は薬事法で全成分表記が義務付けられているというのはご存知ですよね。容器を見ると小さい字がびっしり。

これをよぉーく見ていくと、たまに「ハッカ油」とか「カミツレエキス」とか、「ローズマリーエキス」とかでてくることがある。

これが化粧品成分として認められた精油です。

基本的に、化粧品に「成分」と表示できるものというのは、肌に対してきちんとした効果を持つことが研究の中で立証されたもの、ということになります。

ハッカ油であれば肌の引き締め、カミツレエキスであれば美白、ローズマリーであれば消炎(肌荒れ)などなど。

ほかにも、ボタンエキスやメリッサエキス、ユズ果実エキスなど、それこそ何十、何百って種類があります。

これに対して、研究がまだまだ追いついていなくて化粧品成分として認可されていない精油もあります。

これを香りづけの意味で配合すると、他に区分けできないので、まとめて「香料」という表示になるわけです。

「無香料です!」と謳ってあっても、実際には成分表示できる精油を駆使して、若干香りがつけてある、なんていうことはよくあることです。

でもかなり微香なのでそれほどわかりませんがね。

なので化粧品の場合、香料=人工香料ってことではないのです。

まあ、香料=未認可化粧品成分ってことになるのかも。

ちなみに余談ですが、食品に記載されている「香料」というのは、いわゆるフレーバー(食品香料)と言われるものです。

天然のフレーバーはまだ開発されていないようなので、食品の香料表示は間違いなく人工ものと思ってよいでしょう。

洋子ちゃん・・・。

  • Posted on 5月 21, 2011 at 3:39 PM

昨日、母親の洋子ちゃんが上京してきました。

とは言っても一泊だけで今日には福島へ帰ってしまったのですが・・・。

というわけで昨日は私がよく行く小石川の「春日野」へ。

母親と二人でご飯を食べるなんていつぶりぐらいだろう。

いろいろ思い起こしてみると、確か最後に二人で食事に行ったのは高校に進学した時だったような・・・。

普段お酒を飲まない母が珍しく日本酒を飲みたいと言ったので、二人で冷酒で乾杯。

とりとめのない話をし、料理をいただき、酒を飲む(後半は私だけ)。

楽しかったなぁ。

食事もおいしくいただきました。

本当は今日はいろいろなところに連れて行きたかったんだけれど、私も急ぎの仕事があったので、事務所で一緒にいてあげることしかできなかった。

本人はそれでも満足そうだったけれど。

これからは月に一度は東京に出てくるらしいので、観光名所はおいおい連れて行こう。

東京に出てきた時ぐらい、良い思いさせてあげたいもんね。

よし・・・頑張って働くぞ!

働いて稼いで親孝行したい!今まで一緒にいれなかった分、一緒に居て話を聞いてあげたい!(ん~ちょっとマザコン入っているかも)

まあ、私が勝手に盛り上がっているだけの話ですけどね。

でもそんなことをついつい考えてしまうのです。ハイ。

還暦間近の誕生日

  • Posted on 5月 8, 2011 at 3:10 PM

一昨日は、取引先の社長さんの誕生日でした。

なので、急きょ集まったメンバーでちょっとした誕生会。

いくつになっても誕生日を祝ってもらえるっていいですね。その社長さんもとっても楽しそうでした。

メンバーは、私、社長さん、エンジニアのK君の3人。本当はもう少し多かったんだけど、私の仕事の都合でかなり時間が遅くなってしまったので、集まれる人だけで開催することに・・。

K君以外は同じ地元なので、例によって例のごとく、地元白山で飲み開始。

K君の学生時代のアルバイト生活(ブログ「自分の価値をどうみるか」参照)や社長の苦労話、最近の近況などなど、久しぶりに会ったこともあり、かなり盛り上がりました。

気のおけないメンバーだったというのも良かったのかも・・・。

でもそんな時、社長が・「あと3年で還暦かぁ・・おれも潮時かなぁ」とポツリ。

ちょっとまって!

還暦ってそんなに感慨深いものかなぁ。

確かに60歳で定年になるから、一つの節目ではあると思うけど、今の60歳ってすごく若いじゃないですか?

60歳に見えない人ってたくさんいるし、まだまだ現役で働いている人も多いですよね。

実際、その社長さんも還暦間近だなんて見えないしね。

うちの取引先の社長さんですから、まだまだ元気で働いてもらわないと困りますよ。ほんとに!

そんなこんなで2件目の店で、社長さんの息子ちゃんと合流。

これがまたいい子なんです。大学一年生だということで私にとっては息子のよう・・・(言いすぎか)

次の日仕事の私は2件目で退散しましたが、3人はそれからまたしても居酒屋へ・・。

結局明け方まで飲んでいたそう。

社長!

それだけの馬力があれば、いつまでも元気よく働いていけますよ。

これからもお仕事頑張ってくださいね!

自分の価値をどうみるか。

  • Posted on 5月 8, 2011 at 2:50 PM

今日は、先日一緒に飲んだシステムエンジニアK君の話。

彼は現在六本木にあるシステム会社で働いているのだけれど、学生のときには某大型電気店でパソコンなどの販売をやっていたそう。

そこで彼はアルバイトながらも正社員を超える販売実績を持ち、今では考えられないほどの時給を設定されていたらしい。

なぜそんなに時給が上がったのか。気になったので聞いてみた。

私も経験あるけれど、パソコンがほしいと思って店にいっても、店員にあれもこれもと説明されて、結局何が良いのかよく分からなくなるってことないですか?

確かにシステム系というのは専門用語が多すぎて、それを駆使して説明されても、聞いているほうはちんぷんかんぷん。
結局どれが一番いいわけ?と聞くと、「つかう目的によって違ってきます」なんて無責任な回答が返ってくる。

彼によるとそれは一番やってはいけないことなのだそうだ。

「パソコンを買う」ということについて、使う環境、コンセントの位置、プリンターの機種、目的などなど、説明するのではなく、相手から聞き取ることで勧める機種とその付属機器について、頭の中で組み立てていく。

確かに自分の話を全部聞いてくれて、「これがいいですよ」と言ってくれれば買いやすいし、周辺機器についても、「これも一緒に買ってこうすると、もっと使いやすくなりますよ」なんて言ってくれれば、なおさら親切。まあ、術中にはまってますけどね(笑)

でもそういった手法で彼は最低ラインの時給からどんどん昇格し、最終的には銀座のホステス並みの時給まで稼ぎ出したというわけ。

きっと・・・。

社員もアルバイトもそうだけど、自分の会社への貢献度を値で表すとしたら、ずばり「給料」なんじゃないだろうか。

K君は奨学金を受けながら大学に通っていたので、時給アップはそのまま生活に直結していた。

時給が高くないと生活していけませんでしたから!なんて言っているけど、たぶんそれだけじゃない。

会社から設定された時給の中であるいは給料の中で、漠然と時間を消費し、言われたことだけをこなす人間が多い中で、ハングリー精神を持ち、向上心を持ちながら働く人材がどれほど貴重か。そしてどどれほど目立つか・・。

でもこういうのって、習って会得できるわけではないので、きっと彼の資質なのだろうと思う。

センスと言ってしまってもいいのかもしれない。だからこそ今彼は一流と言われる会社のトップエンジニアとして働いていられるのだろう。

現状に満足せず、常に顧客の想いを汲み取り、愚痴も言わず、誰も批判せず、常に最高の提案をする。

できるようでできないこと。

そんな友人を心から尊敬するとともに、私も常にそうありたいと思う今日この頃でした。

やっぱりすごいヘリクリサム

  • Posted on 5月 2, 2011 at 8:08 PM

昨日、しこたま向う脛をぶつけてしまって・・・悶絶した私。

目から火花ってこのことですよね。

皮は向けてみるみる腫れあがってくるのを見たときには、またヒビでも入ったかと思った。

実は私、結構骨がもろくて、2.3年に一度はどこかの骨を折っている、もしくはヒビが入っている人間です。

しばらく悶絶した後、すぐに起こした行動。

それはヘリクリサムという精油を塗ること。

前に捻挫した時に使ったらすごく良かったので、またしてもヘリクリサム。(「ヘリクリサムの効能の限界」参照

この精油は打ち身や捻挫にはすっごくいいんですよ~。

別名イモーテルとも言われます。

この精油の原液を患部につければ、腫れも痛みもひどくならず早めに治ります。もちろん青タンにもならない。

現に昨日あんなに腫れていた足も、朝見たら全然平気♪(今なんて傷一つ無い~)

写真をアップしたいけど、こんな私の足なんてアップしても仕方ないので、この写真は臨床用にとっておきます♪

そんなわけで、またしてもヘリクリサムの自慢をしたくなってしまったので、こうやってツラツラと書いているわけです。

くどいようですが、打ち身捻挫にはヘリクリサム。これは覚えていて損はないですよ。

但し原液使いは自己責任でお願いします(笑)