You are currently browsing the archives for 9月 2011.
Displaying 1 - 5 of 15 entries.

業界のゆがみ

  • Posted on 9月 30, 2011 at 3:30 PM

最近、以前スクールで一緒にマッサージを学んだ友達が突然開業したいと言ってきた。

結局いろいろあって断念したんだけど・・・。

私がセラピストになりたくてマッサージのスクールに通ったのは約4年前の夏。
私は卒業前から独自で客をとって施術していたけど、冒頭で開業したいと言ってきた子は、卒業後、ほどなくして日本でも有名なアロマスクールに入り直して、またアロマの勉強を始めた。
技術的には卒業したスクールで十分だから、とりあえず自分でやってごらんって言ったような気がするけど、ちゃんとした名の通ったスクールを卒業すれば、そこのサロンでセラピストとして雇ってもらえるからって言われて、確かにそのほうがいいかもねなんて言って別れたの。

でもね・・・。2年近い勉強期間と200万弱かけたおカネは、今をもってしても一銭も回収できていない。

だって就職がないんだって。たくさんのおカネをかけてものすごい努力して資格をとったのに、卒業したスクールにさえ就職できないの。

そもそも募集がないんだって。それってどうなんだろうね。

資格取得、特に国際ライセンス取得のコースなんてプロを養成するためのカリキュラムだよ。
一年間通わせてざっと100万以上。その前に国内のアロマセラピストを取得することが条件になるからその受講料で60万以上。
私が卒業したスクールが30万だったから、しめて190万。
こんだけ受講料を払わせて、卒業したらうちでは募集はしていないから、あとは自分で勝手に生きていってくださいって、無責任のような気がする。

専門学校じゃないから、そこまで義務を負わないのは分かるけど、なんだかぼったりスクールみたいで正直腹がたった。

生徒はカモじゃないよ。毎年毎年何十人も募集して何百万も払わせて、卒業したら知らんぷりってどうなのかね。

だから彼女は悩んで自分で開業する道を選んだ。

でも開業するって言ったって、それだけで生きていくのってかなりの覚悟がいる。

物件探しや集客、設備投資、メニューの頻繁な変更、技術の向上、いろいろ大変だよ。

結局、物件探しだけで疲れてしまって体調を崩してしまったよ。
もともと線の細い子だからね、寝込んだって聞いたときは私もかなり心配した。

しばらくして、開業はあきらめてセラピストじゃない仕事を探すって連絡がきた。

私の中では仕方ないなっていう思いと、そのほうがいいよって思いとが複雑に混在してた。

何か大きなことをするときには勢いって大事だもの。中倒れになるってことは、きっとまだその時期じゃないってこと。

いつか機会がくるのか一生機会がこないのかはわからないけど、彼女にとって今はその時期ではないってことが明確に分かってよかったと思っている。
何かあればまた応援したいなって心から思っているよ。お互い頑張ろうね。

夢を見た 川の流れ

  • Posted on 9月 30, 2011 at 12:59 PM

私って結構よく夢を見る。

予知夢的なものを見ることもあれば、現状の不安や願いが反映されている時もある。

起きた後もずっとその夢の状況を覚えているので、たまに夢判断のサイトを見て調べるようにしている。

昨日は見た夢はこんな夢。

私はヨーロッパの国によくあるような趣のある橋のたもとに立ってるの。

足もとには流れの急な川が一本。

どうしてこんなところにいるんだろうって不思議に思っているんだけど、後ろで友達が「早くしないと来ちゃうよ」ってせかすので、怖いと思いながらも飛び込んでみた。

でもすごく流れが速いから、手足を動かしても逆に波に揉まれて、もみくちゃにされちゃうの。

水中の青さと冷たさと泡のボコボコって音がすごくリアルだった。揉まれながらも映画みたいな光景だって思ったのを覚えている。

途中でなんども堤防みたいなものにぶつかるんだけど、その度に友達が「こっちに来て!」ってガイドしてくれる。

するとそこには必ず通り抜けられそうな水路があるので、それを潜り抜けてさらに下流に向かって進んでいく。

だんだんと泳ぎやすい流れになって、私リアルでは泳げないはずなのに、夢の中の私はすごくきれいに泳いでいるの。
その感覚がとっても快感。

しばらく泳いでやっと流れの緩やかなところに出たから岸にあがろうとするんだけど、なぜかまた場面が切り替わって、最初から同じことの繰り返し。

何本か繰り返して、いつまで繰り返すのさ~っておもったところで目が覚めた。

不思議な夢。何かが起こる前兆なのか、それとも単なる潜在的な願いなのか。

水の夢に関しては、綺麗な水であれば心の安定、運気の上昇。汚れた水、臭い水の夢であれば凶時の前兆となる。
ってのが通説。

次に水泳をしている夢についてはこんな感じ。
「物事が順調に進むことを暗示している。何か目標に向かって頑張っていることがあるならよい結果が期待できる。夢に嫌な印象を受けたなら、満足のいく結果は望めないかもしれない。」

次に水路。
「誰かからの元を離れ自立しようと思っていたり、自立する時期が来ているのかも。濁りのないきれいな水路なら目的を見つけて進んでいき、前途が明るく開ける予感。」
とある。

まあ、ポジティブに考えるなら今回は悪い夢ではないってことかな。若干微妙だけど。

実は昨日はかなり盛りだくさんでいろいろあった日だったので、無意識の不安やあせり、憤りみたいなものが作用したのかもっても思ってた。

まあ、そうだったにしても、そうでなかったにしても、悪い夢じゃないって思うことで今日一日気分良く仕事ができるのであれば、それにこしたことはないよね。

というわけで気分良く仕事します。

今日は盛りだくさん

  • Posted on 9月 29, 2011 at 11:17 AM

明け方、猫たちのけんかに巻き込まれ、トラキチの猫パンチを思いっきり顔面に受けて起きた私。

朝の6時です。

おかげですっきり目が覚めて仕事モード全開。

家でメールチェックできたから、事務所ではすぐに資料作りに入れた。

とらきちくん、猪木さんばりの闘魂注入ありがとう。

お母さん仕事頑張るからね。

これからランチミーティング。午後は打ち合わせが3件。夜は会食。

かなり盛りだくさんの内容だから、集中力切らさないようにしないと。

では行ってきます。

無意識な鈍感

  • Posted on 9月 28, 2011 at 6:15 PM

前の職場(国税)の知り合いとかたまに飲みにいくことがあるんだけど、その中で一つ気づいたことがある。

たとえばこんな質問されたらどう思う?

「西坂さんの会社って原資はなに?スポンサーとかいるわけ?」

「会社の粗利益ってどのぐらい?今期の売り上げは伸びてんの?」

「中長期的なビジョンは持ってる?3年後生き残ってたりする?」

「売上伸びそうなら今度税務調査行っていいかな。いくら元国税でも過少ぐらいはでるんじゃない?」

結論から言うと、私はこの手の質問には絶対に回答はしない。だって答える義務がないから。

顧問税理士でもない人間に話す義理はないからね。

でもね、この類の質問って聞いている方は悪気なく聞いてるんだよね。
聞くことにためらいがなくて無意識に発しているの。

なんでかっていうと、みんなその手の話題には究極に鈍感だから。

実際に私もそうだった。
調査畑にいたから、そう質問や疑問が瞬間的に出てくるの。聞かれたほうはいやだったろうなぁ。
警察にしても国税しても検察にしても、国家権力を持って相手方を調べる権限を持つ組織の人って、シチュエーションに関係なく無意識に相手の中にずかずかと入ってきてしまって、それがどんなに相手を不愉快にさせるかっていうことに気づかない。

知らず知らずのうちに鈍感になってしまうんだよね。

だってさ、会社の売り上げやら、原資やらって、その人が正式な税務調査で会社に来て聞かれたのであれば、法律に基づいた権限を行使されるわけだから、きちんと答えるよ。いや答えないといけないよ。

本来さ、権力を行使して聞き取る内容をだよ、まるで世間話でもするかのように、軽く聞いてくるのってどう?
あなたの年収とか貯金の額とか月の小遣いとか奥さんのパート収入とかって内容を聞かれるのと同じだよ。
そんな質問には答えないでしょう?

いや、怒ってるんじゃなくてね、それぐらい神経が鈍感になっちゃってるってことが問題なんだよってこと。

ってなことを、私の前でバカな質問をした輩にコンコンと説明したけど、あんまりよくわかってなかったっぽいな。

まあ、仕方ない。
どっぷり組織につかって生きてきた人間からすれば、それが当たり前のことなんだから。

私も辞めてから気がついたぐらいだからね。

でもほんとだめだよ。無意識の鈍感ほどたちの悪いものはないからね。

なんかうれしい

  • Posted on 9月 28, 2011 at 5:34 PM

ブログを書いてて一番うれしいのは、それに対するコメントがもらえるってこと。

表立ってのコメントではなくても、例えば携帯メールに「今日のブログ良かったよ」なんて連絡が来ると、がぜんやる気になって頑張って毎日書こうかななんて思ってしまう。

根が単純だからね。

忙しくてついつい間が空いてしまったりすると、「最近忙しいの?」とか「更新してないね」っていうメールをいただくので、それもまたありがたい。見てくれてるんだなぁってしみじみ思う。

昨日も私が尊敬する昔の上司(添削先生参照)から「りぃ散歩の記事よかったよ」ってメールが来た。

上司は今北海道に単身赴任中で、彼もよく散歩するんだって。北大が近いって言ってたから、学内でも散歩してんのかな。

大学って広いからウォーキングなんかには最適だね。うらやましい。

ようやく涼しくなってきたから、私もまた徒歩通勤始めようかな。

12月中旬までにあと2キロ落とさないといけないし(約束ごとなんです)・・・。

2キロ落としたらイメージ変わるかな。髪もすっかりショートになったから、かなり印象変わるだろうな。

先週、今週と接待やら会食やらなんやらかんやらで飲み続けだから、運動して今の体重から増えないように管理しないと。

こうやっておおっぴらに書くことで自分を追い込む私。

頑張りや~。