You are currently browsing the archives for 3月 2012.
Displaying 1 - 5 of 21 entries.

ジェノサイド

  • Posted on 3月 31, 2012 at 7:42 PM

高野和明さんの本「ジェノサイド」読了しました。

面白い!映画化してほしい!

その一言だな。

突然父を亡くした薬学部の大学院生が、父の行っていた研究を引き継ぐうちに巨大な陰謀に巻き込まれていく。
日本とアメリカ、コンゴで繰り広げられる頭脳戦。
人間の進化を見据えた新薬の開発。それは果たして成功するのか!

って感じ?

手に汗握る~。

新薬開発の話なので専門用語が多いのだけれど、特に難しいって感じではなかった。
それよりももっと化学合成の過程なんかを書いてほしかったなぁ。
そっちプリーズ♪
でもそれだと本筋から脱線してしまうか。すんません。

それと・・・構成がものすごく緻密。
いろんなところにトラップが仕掛けられてあって、それが最後に一つの意味を持って終わる。
そこだったか~って思わせる部分がいたるところにあるから飽きさせないで読ませてしまうんだな。

昔、貴志祐介さんの本を読んだ時の衝撃を思い出した。

13番目のペルソナとか黒い家とか読んだときのあの衝撃。

そういえばどちらも山田風太郎賞を受賞している。さすがだ。

とはいえ、今日のお昼から読み始めて19時に読了。

しめて7時間ぐらい読んでいたのだけれど、時間が経つのも忘れて読みふけってしまった。

さすが週刊文春ミステリーベスト3年連続1位!

圧巻です。

これを映像化したらどんな風になるんだろう。

興味ぶかい。

映画化したら絶対見ると思う。

もつべきものは友だねぇ

  • Posted on 3月 31, 2012 at 1:30 PM

今週はいろんな所で気遣いすることが多かったせいか、金曜日の疲労度合いはかなりピークに達してた。

人間すっごい疲れると話をするのも億劫になるんだよね。

まあ、ちょっとしたプチ鬱状態というかなんというか。

そんな時に限って、超巨大な爆弾が落ちてくる。

テポドンみたいな一発がさ〜。落ちてきたんですよ。西坂の頭上に。ドカ〜ンと。

あ〜。。。精神崩壊するかと思った。いやちょっと崩壊しかけてたような気がする。

だって軽く過呼吸になったもん。

びっくりした。死ぬかと思った。

でもそんな西坂に二人の天使が舞い降りた。

一人目の天使はもう10年来の付き合いになる親友。心の友H。

その友からのメール。「元気か〜?」

この一言で我に返った。心配させてはいけないという理性が働いたのかもしれない。

飛んでった心が戻ってきたような気がした。

タイミングが良すぎてびっくりしたけど、そのタイミングでメールが来なかったら正直ヤバかったような気がする。

その友とはお互い近況を報告しあい、飲みにいく約束をして終わった。

そして二人目の天使。

全く業界は違うけど気が合うのでよく家の近所のバーで落ち合って話をする。
とにかく博識なので話をするたびに私の知識の引き出しが増えていく。そんな人。

お互いこよなく酒を愛するというのが共通項なので、飲みたくなると、どちらかがどちらかを誘い決まった店で話しに花をさかせる。

昨日はその人にも救われたなぁ。

冷静になってみると、今までショックを受けていた事がすごく馬鹿馬鹿しくなって、気分転換にどっかに飲みに行こうって思った。

相談事もあったし、どっかで飲んでるかなぁなんて思ってメールしたら、案の定飲んでた(笑)

合流して酒を飲みながらいろんな話をした。まじめな話から馬鹿話まで。

すごく助かったよ。

基本的に自分の悩み事を人に話すよりも、人と関係ない話をしながら、頭の中でその悩み事を整理して消化することのほうが好き(いや決して人の話を聞いていないってことではないよ)。

おかげでだいぶ頭の整理がついた。自分なりに消化できたし。

次に起こす行動の選択をどうするか。

それを考えることができるまで、HP回復したよ。

単純なやっちゃ。

でもこの二人の天使に心から感謝する。

私の心を守ってくれてありがとう。助けてくれてありがとう♪

共同研究が始まります

  • Posted on 3月 30, 2012 at 1:27 PM

実は4月から東京バイオテクノロジー学園という専門学校と共同で、ある研究を進めることになっています。

研究自体は化粧品開発コースの生徒さん達が、「卒業研究」ということで行うのですが、手順や問題提起などはこちらが指示してあげないといけないので、私も必死。

化学用語、香料用語、理化学機器の名前などなど、結構な知識を詰め込み気味に頭に入れましたよ。

おかげで耳から少し脳みそ出ました(嘘です)。

もともとは、「こんなのがあればいいのに」っていうのが発端だったんです。

でも自分で研究なんてできないし、知識も設備もないし・・・・。

ってことで香料の師匠に相談したんです。

そしたら、とっても興味を持ってくださってこの専門学校を紹介くださったと言うわけです。

東京バイオテクノロジー学園は、3年制と4年制のコースがあって、実習重視の実務型専門学校。

大学を卒業してから入ってくる生徒さんもいるんですって。

卒業研究のインターンシップなんかもすごく充実していて、名だたるところに生徒を派遣しています。

研究テーマも多岐にわたっているから、研究文集なんてみるとすっごく面白い。

ここなら私の夢を実現してくれるんじゃないかなぁなんて思ってお願いしたら快諾してくださって・・。

研究結果が成功するか失敗するかは、まだ全くわかりませんが、できれば基礎研究を終えて次のステップに進みたいと思っています。

そしてゆくゆくは商品化を・・・・なんてね。

基礎研究をしてくれる生徒さん達のためにもね。夢をかなえたいと思うわけです。

でもかなり高度な研究なのは確か。

なので昨日は、某大手香料メーカの研究所を訪問し、ご挨拶とご協力をお願いしてきました。

師匠の古巣なので、特別に時間を割いていただいて、私、師匠、専門学校の副校長と3人で訪問。

かなり緊張しました。

でもド素人の私のおかしな質問に呆れるわけでもなく(心の中では呆れていたかもしれません)真摯に答えていただいて、すごく感激しました。

研究の手順や利用すべき機器のことなども親切に教えてくださって・・・・ううっありがとうございます。

おかげでかなり良いイメージを持つことができました。

あとはうまく開発まで持っていけるか・・・・。そこのハードルが高い。

なんにしても来年の3月までのロングランですから、気を抜かないように頑張ります。

メディカルコラボ 「HARMONIA オーガニックユーカリブレンド」

  • Posted on 3月 27, 2012 at 7:22 PM

薬剤師さんが開発した鼻炎用のブレンド精油「オーガニックユーカリブレンド」。

やっと完成しました。

とてもやさしい雰囲気のロゴ。素敵ですね。

精油は右の小っちゃいのです。

中はというと、ユーカリ、ティートリー、レモン、ペパーミント、マンダリン。

鼻炎にとっても良いと言われる精油を集めたブレンド。

ほんとにすっきりとした香り。

ユーカリのつんとした香りがブレンドすることによってまろやかになっています。

これを使えば鼻のグズグズも喉のイガイガも、すっきりさっぱり♪

また、精油と一緒に希釈用としてホホバオイルもお作りしました。

鼻のかみ過ぎで鼻の下が痛むときは、ホホバオイル小さじ1杯に精油を1滴落して塗ってみてください。

咳が止まらないときには同様の方法で胸に塗ると徐々に落ち着いてきます。

鼻や喉の不調はつらいもの。

花粉の季節、風邪の季節は、この鼻炎用ブレンドアロマ「オーガニックユーカリブレンド」で乗り切ってくださいませ。

発売元 HARMONIA

商品のお問い合わせは右記の電話番号へ 045-434-7207

動物香料カストリウム 海狸香(かいりこう)

  • Posted on 3月 26, 2012 at 8:06 PM

今日、初めて動物香料というものを体験しました。

西坂がいつもお世話になっている香料界の師匠が、わざわざ持って尋ねてきてくれたんです。

一つはジャコウネコから抽出されるcivet(シベット)という香料。

ジャコウネコっていう種類の猫の会陰腺から分泌される液体です。

ジャコウっていうとムスクのイメージがありますが、それはジャコウネコではなくてジャコウシカ(鹿)です。

ムスクはシカの体内にある香嚢と言われる臓器から取り出されるドロドロの液体を乾燥させて抽出します。

もう一つはビーバーから抽出されるCastoreum(カストリウム)っていう香料。

これもジャコウジカと同じようにビーバーの体内にある香嚢から取れます。

雄と雌と両方とれるみたいですが、雄のほうがはるかに香りがいいらしいです。

雌の香りは雑臭が混じっていて良くないんですって。

いや~それにしても。

動物香料の原液なんて初めてだったから興奮しましたよ~。

あっ!ちなみに動物香料はアブソリュートです。

香嚢内の液体にアルコールを添加させて抽出するらしいです。

動物香料ってよく香水に入っていますが、これを入れることで全体のブレンドに淫靡な雰囲気を出すんですって。

もともとフェロモンだから、異性を誘う特別なものらしいです。

というわけで早速っと。

ジャコウネコのシベットは、はっきりいって臭い。ウッて顔を背けるような感じ。

体臭とか汗とか何かが混ざって酸化したような変な臭い。これは西坂にはムリです。

そしてビーバーのカストリウム。和名は海狸香(かいりこう)というらしいです。

シベットの、うげっ!ていうのがあったので、ちょっと引き気味に嗅いでみました。

そしたら・・・・・すっごくいい。すっごく素敵な香り。

南国の花みたいな匂いがするんです。

でもこの香りどこかで・・・。そう!プルメリア!

タイの高級精油、プルメリアの香りに似ています。

かなりいい仕事してますよ~。すごいぞ!ビーバー!

そしてその時、ふと思った。

ビーバーがこんなにいいなら、ジャコウジカはどうなんだろ~って。

香嚢から取れるなら、きっとビーバーに負けないぐらい良い香りがするんじゃないだろうか・・・と。

師匠のお話によると、やっぱりとても良い香りがするらしい。

香水のムスクの香りをもっと濃厚にしたような・・・という印象だとか。

次回お持ちいただけるということなので、すごく楽しみです。

ちょっと動物香料にはまりそうな気配。

今週は某大手香料メーカーの研究所に挨拶にいくので、ちょっとその話をしてみよう。

また楽しみが増えました~♪