You are currently browsing the archives for 6 8月 2012.
Displaying 1 - 2 of 2 entries.

アナフィラキシー

  • Posted on 8月 6, 2012 at 3:18 PM

この前すごく貴重な体験をした。

病院で、抗生物質入りの点滴と、心電図などを受けていた時のこと。

点滴が始まった途端、口の中に違和感を感じて喉が一瞬苦しくなった。ぎゅう~って締まるような感じ。

初めは、緊張しているのかと思ったの。

でも喉が苦しいのを言わずに咳でごまかしていたら、ドクターが、あれ?顔に発疹が出始めてる・・・・とか言いだして、そのうち腕とかお腹、わき腹なんかにまで、それが広がり始めた。

どうやら点滴剤でアレルギーを発症してしまったらしい。

喉の苦しさと顔と体の赤みとかゆみとで、気持ちはちょっとしたパニック状態。

幸いドクターがとっても頼りがいのある人で、言葉で暗示をかけてくれるかのうように話しかけ続けてくれたので、だいぶ楽になったけれど。・・・

この辺りはセラピストと一緒だね。敏感肌の方にフェイシャルの施術する時とかは、言葉で暗示をかけるテクニックを使うからね。

治療後、赤みが引くまでということで、強制的にベッドイン。

確かに鏡を見たら、ありゃ~これじゃ外歩くなんて無理だわっていうぐらい、でっかい赤丸が顔中にできてた(笑)。

幸い、1時間ほどで赤みは引いたので無事に帰宅して今に至る。

けど今後他所で受診する時には、絶対にアレルギーの申告をするようにと言われてしまった。

初めより2回目のほうが強く出るからって。

薬剤名はセファメジン。忘れないようにここに書いておこう。

ごく一般的な抗生物質みたいだけどね。どうしたんだろうね私の体。

アレルギーなんて無縁だと思っていたのだけど・・・。

怖いね。初めに感じた喉の締め付けがもっとひどくなったらほんとに窒息してしまうかも。

これがいわゆるアナフィラキシーショックか。

文献で読んで知ってはいたけど、まさか自分が経験することになるとは・・。

でも貴重な体験ができたから、そっちのほうにニヤニヤしてしまった。

身を持ってい経験すると人に説明する時も言葉に説得力がでるからさ。

やっぱり頭おかしいわ、私。

歌うたいのバラッド

  • Posted on 8月 6, 2012 at 2:32 PM

少し前の話。

ひょんなことからカラオケスナックにいった。

西坂はこのカラオケスナックというのが苦手。だからめったに行かない。

なぜかって、知らない人のうまくもない歌を延々と聞かされて酒を飲むっていうのは拷問に近いから。

まぁ自信があるから、そういうところに行くのかもしれないけれど、プロではないのだからそういう人はボックスにいってほしいと思う・・と軽くスナックに対して営業妨害のようなことをほざく私。

ということをブチブチ言いながら、渋々同行。

はぁ〜。嫌だ嫌だと思いつつハイボールを飲んでいたら、連れの曲が入った。

連れとはたまにいきつけの店で会うぐらいで、歌うところは聞いたことがなかったので、たいして期待もせず、おざなりの拍手に興味のない視線を画面に向け私も聞くスタンスをとった。

そして彼は歌いだす。

・・・・・・

・・・・・

何?これ。

一瞬店内が静まり返る。

うまい・・うますぎる。ううん。そんな陳腐な表現じゃなくて、ただただ驚いてしまって声がでない感じ。

今までも上手だなぁって思う人は何人もいたけど、レベルが違いすぎる。

ポカ〜ンて口空いたまま顔みつめちゃったよ。やるなおっさん。びっくりしたよ。

声を張るわけでもないのに、綺麗な線が一本通ってて、すごく声に透明感があるの。

多分感性で自然にそうなってしまっているのだと思うのだけれど、アレンジもすごくいい。

本家よりもうまいなって単純に思ってしまった。

いろいろ聞いてみるとたまにライブとかにゲスト出演しているらしい。

そりゃそうだよね〜。素人の域は完全に超えてるわ。

プロになれるんじゃないの?っていったら、趣味だから楽しいんだよと言われてしまった。

そうだよね。もしかしたらきっと昔はいろいろとあったのかもしれない。だからこその言葉かもね。

いや〜。それにしてもびっくりした。

歌を聞いてお金払いたいって思ったのは初めてだ。

しばらく頭の中をリフレインしてたよ。

また聞かせてもらいたいな〜。今度は他の曲を歌ってほしい。