You are currently browsing the archives for 9月 2012.
Displaying 1 - 5 of 14 entries.

夏の終わりのアロマブレンド

  • Posted on 9月 26, 2012 at 4:59 PM

ロフト販売の販促品として、お客様に配る栞を作りました。

コンセプトは「夏の終わり」。

夏の終わりのなんとも物悲しい感じを香りで表現したいと思って。

ブレンドした精油は、真正ラベンダー、パルマローザ、スイートオレンジの3種。

これを5:3:2の割合でブレンドすると・・・・とっても良い香り♪

それぞれが調和してとても素敵な香りになります。

この香りを栞に滲みこませて実際にロフトでお配りしてみました。

販売スタッフからの報告によると、みなさんとてもお喜びになって、同じ商品をお買い上げいただいたそうです。

気に入っていただけてよかった~。

来月は季節の変わり目のアロマブレンドを作ります。

何かと喉や鼻の不調が出てくるのが10月あたりからになりますので、その対策用のアロマブレンドです。

みなさん、お楽しみに♪

経営セミナー

  • Posted on 9月 25, 2012 at 12:06 PM

経営セミナーとやらを聞きにいってきた。

長時間座って人の話を聞くというのは、どうも苦手なのだけれど、ご紹介ということもあってね。

聞き始めて30分。

徐々に私の耳が閉じ始めた。

そして1時間経つ頃には着ぐるみに右足投入。

最後の個別相談の時には着ぐるみのチャックを完全に締めてた。

だって・・・・。

経営指南というよりは節税?指南。いやそんな生やさしいものではないな。

節税というにはグレーすぎる。

私の経歴なんて知らないから、いろいろ言っているのだけれど、非常にやばい内容だった。

訂正したほうがいいかなとも思ったけれど、そんな講師を食い入るように見つめて熱心にメモを取る人たちを見て怖くなってしまった。

今はもう国税職員ではないから、あえてどうのと言わないけれど、もしその中小企業診断士の言うとおりに経理処理をしていたら、税務調査が来た時に必ず指摘されるし、そして不正扱いで加算税が重くなるはず。

よどみなく気持ちよさそうに話している講師を見て、なんの根拠をもってそんなことを言うのだろうと思ってしまった。

商工会議所、信用金庫のバックアップで開催されたセミナーだったけど、万が一、一社不正が発見されれば芋づる式に数社が出てくる。

その時の弁明としては、商工会議所の推薦、信用金庫の派遣した人から言われたことなのだから、間違っているはずがないと抗弁するんだろうけど・・・。

でも間違っているんだな、これが。

その地域では結構有名な人みたいなので、相談件数もかなり多いそう。

手がけている会社もたくさんあるのだろう。

税金をなるべく少なくしたいという気持ちはだれにでもあるものだから、それは否定はしない。

何に使われているか分からないお金を上納するぐらいなら、会社のために使いたいと誰でも思う。

でも不正行為を大手を振って教えてはいけないと思うんだ。

地域もかなり離れているし、多分もうお会いする機会はないと思うけど、願わくば各会社の税理士が冷静かつ客観的であることを祈りたいよ。

雨漏り・・・

  • Posted on 9月 24, 2012 at 6:35 PM

マンションの天井から雨漏り・・・。

8階建の4階だけど雨漏り・・・。

3年ぐらい間も同じことがあった。

上の階の住人がガーデニングが趣味で、ベランダでいろいろやっているうちに、窓の下のコンクリを破壊して、そこから雨水が漏れてきたってことが・・・。

前回はクロスが大きくゆがんだだけだったけど、今回は水が染み出してきて床が濡れてた。

最悪。

管理会社に電話しようと思っていたのに、気がついたら18時半。

受付終わってた。

あ~。

今日は朝からついてない。

駅で鞄開けたら財布忘れているし、戻ったらトラキチが吐いてて後片付けしなきゃだし、会社は会社で難あり仕事が山積みだし・・・。

う~。

まぁ明日は明日の風が吹く。

修理の件は明日またかけ直そう。

早く直してもらわないと、また雨が降ってきてしまう。

急げ~、急ぐんだ~、りえ~!

課題<個性

  • Posted on 9月 22, 2012 at 4:27 PM

苦手な人とも上手に付き合う。

これが私の課題だと思ってた。

付き合うという意味では社会的にはうまく付き合っているほうだと思う。

そうじゃないとなにかと生きづらいしさ。

嫌なことを言われても、笑って流すだけの度量もあるつもりだし、不用意に怒り狂って机叩いて帰るって所業も無い。

人生40年も生きてきて、だれかれ構わず苦手な人間に喧嘩売ってたら、これこそコミュニケーション障害って言われてしまうわ(笑)

私の場合、徐々に距離を置いてしまって、気づくと「お~い、生きてるか~?」ってところまで離れて遠くからだま~って見ているところがある。

苦手だなぁ~って思うと耳がパタッと閉じてしまって、すっぽり着ぐるみをきてしまう(最近のトレンドはプーさん)。
そんな感じ。

じゃあどんな人が苦手かと言うと・・・・・。

1 自分の意見だけを主張する人。
一方的に自分の主張だけを言われてしまうと、同調したり反論するのに疲れてしまって、この線からこっちに来ないでくださいと言いたくなる。その人に対して心の中で叫んでいる言葉:自分の意見を主張するならまずは相手の考えを聞いてあげて!

2 人を利用してやろうっていうのがバッチリ見える人。
ダダで使えるものは楊枝でも使うみたいな感じで来られると、誠意のかけらも渡したくなくなる。
その人に対して心の中で叫んでいる言葉:利用するのであれば相手にも何かメリットをあげて!

3 腹の探り合いみたいな言葉ばかりを並べる人
言葉尻から相手の弱みを見つけてやろうという感じで来られると、ここはライアーゲームの会場ではありませんって言いたくなる。
その人に対して心の中で叫んでいる言葉:腹を探るぐらいなら、ちゃんと内臓は健康ですか?って聞いて!

4 無意味に威圧感を醸し出したりする人
女性や年下の人間に対して必要以上に攻撃態勢をとったり態度が尊大な人を見ると、狂犬病にかかったチワワみたいだと思ってしまう。
その人に対して心の中で叫んでいる言葉:人に尊敬されたいなら健さんみたいに背中で語って!

まぁ私も聖人君子ではないから、不用意に発言して友達を怒らせたり、内臓見せすぎてドン引きされたりってこともあるけどね(笑)
ましてや健さんみたいに背中でなんて語れない。むしろ背中に自分のこと書いちゃったりするし。

だからこれは自分のことを若干棚上げした上で言っているんだ。テヘペロ♪

こういった人間とうまく付き合うにはどうしたらいいのかな~ってずっと考えてきたけど、最近は考えるのやめた(決して開き直りではないよ♪)。

この考えは私の個性だから直しようがないもの。

私が人間関係を築く上で必要な個性。

この個性があるから、同じような価値観を持った人が自分を囲んでくれる。
仕事でもプライベートでも悩みを聞いたり話したり、助け合えたりできる。

個性が合わない人と無理して付き合って精神病むより、お互いの個性に同調できる人間と付き合った方が、良い関係も築けるし、良い物も出来る。

そう思ったら、ちょっと気が楽になった。

まぁ私はまだまだ子供だってことです。

フェイスブックちと怖い

  • Posted on 9月 21, 2012 at 7:35 PM

フェイスブックやっている人は知っていると思うのだけれど、お知らせのところに「もしかしたら友達かも」っていう欄があって、ここに順繰り順繰り新しいアカウントが出てくる。

これはどういう基準で選んでいるんだろ。

同じ学校とか同じ出身地、誕生日、趣味・・・。プロフィールを入力してあるからそれで紹介してくるのかもしれないのだけど、最近ちょっと怖いなってことがあった。

絶対にフェイスブック上では公表していない共通項を持つ人間が「もしかしたら友達かも?」って欄で紹介されてた。

同姓同名なだけかなと思ってプロフィール見たら、やっぱり私の知っている人間だった。

なんでここに上がったんだろ。公表している共通項なんてないはずなのに・・・。

その時は、過去の私のワードが何かに引っかかったんだろうぐらいにしか思ってなかった。

でも今日・・・・。

今度はまた別のアカウントが紹介されてた。

私の一生涯の中で絶対に関わりになりたくない相手ワースト5のうち、№2にランクインする人物。

あ~。思い出しただけでも鳥肌が立つ。

記憶にとどめたくないぐらい拒否っているんだ私は!その№2を!

がぁ~っ!うっかり視界に入ってしまったじゃないか!

嫌だ、いやだ、イヤだ、IYADA!

それにしてもなんなんだ!

絶対に接点なんてないはずなのに。気持ち悪い。

正直すっごく怖くて、フェイスブックをやめようかって本気で考えてる。

今、企業サイトを作っているので、それが出来たら完全に移行して、私の情報は全て抹消しよう。

怖くてしばらく眠れんわ。