You are currently browsing the archives for 12月 2013.
Displaying 1 - 5 of 7 entries.

ちょっと怪しげ

  • Posted on 12月 23, 2013 at 6:52 PM

先日、銀座の鳩居堂に行った時の事。

ちょっと素敵な蒔絵を見つけたの。

星座とか干支とかいろいろなものを象徴した蒔絵。

携帯電話とかに貼るとおしゃれ~って書いてあったから、早速うお座のシンボルマークを買ってみた。

で…。

早速貼ってみたのだけれど、なんか変。

怪しいし胡散臭い。

うん。そう。

結果的に大失敗。

写真をアップできないのが残念だ。

ガラケーの表面に貼ったから、どうやっても写真は撮れませんぜ。

なんかね~。

いや、うお座なんだよ、うお座のマークのはずなの。

でもどっからどうみても怪しげなマークにしか見えない。

何気に机に出しておいて、フリーメイソンって間違われたらどうしよう(ロゴが違いすぎるだろ)…とか、いやイルミナティのほうが(お前はドイツ人か!)…とか、いやそれならいっそのことテンプル騎士団と名乗ってしまおうか(ちみはいったいどこの国を守っているんだ)などなど…。

なんてことを考えてビクビクしてしまうぐらいかっこ悪い。

でも剥がすに剥がせないよ~。

ぴったり貼りついてしまっていて無理に剥がすと携帯の塗装まで剥がれてしまいそうだ…。

年の終わりになんてことをしてしまったんだ、私は。

このまま年を越さねばならないかと思うと、悲しくて悲しくてまたしても酒量が上がってしまうわ。

こうなったら何か言われたら「宇宙と交信中です!」と元気よく言おう。

お薬が必要な奴だと思ってほおっておいてくれるだろうから。

 

 

 

清洲会議

  • Posted on 12月 22, 2013 at 4:30 PM

そういえばこの前「清洲会議」見てきた。

毎回思うけど、三谷作品は豪華な俳優陣が見ものだね。

主役級の方々が脇役で出てたりするから、すごく贅沢。

清洲会議って歴史的にも有名な話だから、どんな風に演出するんだろうって思っていたけど、三谷さんの独特の世界観が出てて、とても分かりやすかった。

歴史って苦手って子供には、テレビ感覚で画像を見せたり説明したりするとわかりやすくなるんじゃないかなぁ。

日本の詰め込み教育って結局、一問一答で覚えるだけだから、一度苦手意識がついてしまうと、周りについて行けなくなって嫌いになってしまうんだよね。

だってさ会ったこともない、親戚でもない人間の功績や血筋を覚えろなんて言われても、そんなの関係ないやって思うよね。

自分の家の系統もわかんないのにさ(笑)

でもこの清洲会議は当時の人間の感情とか、思惑、駆け引きなんかが、とても上手に面白く描かれてた。

自分の知らない人でも、その人物がすごく面白く描かれていれば、その人についてもっと知りたいって思うようになると思う。

 

実際、映画を見終わってそこに出てきた登場人物のその後の顛末をいろいろ調べてしまったもんね。

成功した人、没落した人、若くして死んでしまった人、それぞれあってこれも人生だなぁなんてしみじみ思いふけってしまった。

清洲会議、とっても面白いよ。

機会があったらぜひ見てみて。

師走だね〜

  • Posted on 12月 21, 2013 at 6:11 PM

2013122118050000

今日はこれから地元のお店で忘年会。

場所は小さな割烹。

ここはとても居心地が良いので、私は一人で行く事が多いかな。

でも一人で行っても友達と行っても接待に使ってもぜったいに外れない。

ここの女将さん、もともと花街の出身のせいか、着物着こなし、言葉の選び方、接客など、とにかくすべてが素晴らしい。

いつも思うけど、年を重ねたらこういう女性になりたいと心から思うよ。

艶の中に聡明さがただよう。

女性から見ても憧れる人。

実は今日の忘年会は、この女将さんに招待されているのさ。

お店側が懇意の客を呼んで行う忘年会。そこで客は互いに情報交換したり冗談を言い合ったりしてそれぞれ好きな時間を楽しむ。

粋だよね〜。

そして女将さんの最大の特技は筆!

達筆なんだよ〜。写真は以前いただいた、私の名前をちりばめた女将さんオリジナルの短歌。

いただいた時には感動して涙が出そうだった。

こういう字が書きたくて、西坂は今せっせと習字教室に通っています。

まだまだ上達しないのだけれど、いつかは私もこういう色紙を書いて誰かにお渡ししたい。

なんてことをつらつら書いていたら時間が…。

では行ってきます。

 

 

 

湘南爆走族

  • Posted on 12月 20, 2013 at 1:39 PM

とうとうというかなんというか…。2013121922470000

漫画本を大人買いしてしまった。

ずっと手に入らなくて入荷するのを待っていたんだよ~。

湘南爆走族オリジナル版。最新版じゃなないよオリジナル版。中古だけど。

欲しかったんだよね~。

なんてったって私の青春だからさ~。

これ読んで友達と笑い転げて腹筋崩壊するかと思ったぐらいすっごい印象に残った作品なの。

だからなんとしても手に入れたかったのさ~。

これはもう永久保存版にするしかない。

クローゼットを改造した書庫の一番奥に、家宝として保管しておこう。

いや~ほぼ徹夜で読んだけど、やっぱり面白い。

子どもの頃とは笑うツボがちょっと違ったけれど、20年以上経った今も十分に楽しめた。

各キャラクターの色が濃いんだよね。

吉田先生素晴らしい!

良い作品というのは何年たっても色あせないものです。

昔DVDもみたけれど、江口洋介と織田裕二があまりにも…って感じだったから、あれは私の中では黒歴史になっている。

思い出しくない…。

というわけで、しばらくはこの本を眺めてニヤニヤ笑います。

 

 

なぜか後ろから佐川に刺された。

  • Posted on 12月 17, 2013 at 1:44 PM

この前の佐川への怒りも時が経つごとに緩和され、ようやく平穏な日が戻ってきたと思っていた今日この頃。

予想だにしないところから、佐川にわき腹を刺された(笑)

来年から新規で取引をしてみようかと思っていた某地方都市の容器メーカー。

取引をするまえに、そこで扱っている商品のサンプルをいくつか仕入れることにした。

担当者に電話をし、明後日午前中到着で手配してくれるよう頼んだ。

「ら」…。

以下その回答(しかもメール)。

——————————————————————————–

◆ 時間指定につきまして

 

東京便は、まれに午前中お届けできる場合もありますが、通常は、

14時以降の配達となっております。

また、交通等諸事情により、夜になる場合や1日遅れる場合も多々

あります。

ご希望配達時間は、佐川急便伝票などに明記いたしますが、ご希望

時間帯になかなか届いていないのが現状です。

お手数でございますが、お届け当日の朝一番(8時過ぎ)に、下記、

佐川急便の営業所までお電話していただきますと、配達時間の

確約がとれるかと思います。

———————————————————————————

は?

おまえさん、寝言は寝てから言ってくださいな。

だから佐川は使ってくれるなとあれほど…。

しかも私の頭が悪いのか、ちみの日本語がまったくわからんわ。

午前中指定の便なのに、その通り届くのが稀で通常は14時以降に届きますってどういうこと?

そしてなんでこっちが朝の8時に営業所に電話して、「今日必ず午前中届けてくださいね(ウフッ)」とか言わないといけないの?

交通事項を加味しても明後日の午前中に届かないなんてことはありえないでしょう。絶海の孤島でもあるまいに。

他の配達業者が出来ていることがなんで佐川には出来なくて、こんな上から目線の状況を説明されないといけないのさ。

ドライバーもどこで油売ってんのよ。車が混んでるなら電車に乗ってこい!ボケ!

というわけで、せっかく鎮火した私の怒りの炎は、今また更に大きく燃え上がり、隣にいるカメキチの水槽の温度がジワジワと上昇しつつあるわけでございます。

ちみは佐川の回しもんか!

時間通りに届ない業者なんて使ってないで、もっとしっかりした業者を使いなさいな。

こんな体制で納品日に間に合わないなんてことになったらどうするんだろうと不安になったので、私の中でこのメーカーは速攻で記憶から抹消した。

当然サンプルもキャンセルした。

メーカーにとって納品日は絶対なのだよ。

間に合わなければ新幹線で届けないといけなくなるケースもあるわけで…。

とはいえ、佐川さ~。

「もしかしたら届かないかもしれないけどごめんね(テヘペロ!)」なんてことを顧客に言わせておいてどうすんのさ。

しっかりしてくださいよ。ほんとに。殿様商売もいい加減にしてほしいわ。

あ~。

またイライラしてきた。

肌に悪いわ~。酒量も上がるわ~。目つきが悪くなるわ~。言葉も荒くなるわ~。

だめだめ!

仏の西坂に戻らねば。といいながらまた顔は涅槃像のように…。