You are currently browsing all posts tagged with '化粧品アロマ'.
Displaying 1 - 5 of 11 entries.

アーススピリッツ 竹マザーシリーズ

  • Posted on 7月 12, 2013 at 12:26 PM

オーガニック商品の企画開発を行っている神奈川県横浜市にあるアーススピリッツさん。
この度、赤ちゃんや敏感肌の方にも安心してお使いいただけるランドリー&キッチンソープ「TAKE MOTHER オレンジミント」を新たに開発しました。

この製品には、VELUTINAのエッセンシャルオイルが天然香料として配合されています。

ひょんなことからご連絡をいただいて、営業の方と長い時間をかけて香りを作りました。

コスト問題、精油の質、他の原料との相性。

その他諸々結構な壁がありましたでざんす。

でもそんな時期を乗り越えやっとできた製品。

評判も良いみたいでリピートもいただいています。

とても良い製品なので、お子様がいる方はぜひ使ってみてください。

合成化学物質・界面活性剤不使用の液体ソープ。
毎日使うものだから原料にはこだわりたい。
医学博士・産婦人科医池川明先生も推薦するTAKE MOTHERシリーズです。
アーススピリッツ 竹マザーシリーズ
http://pr.kenko.com/p/pr_0402001/index.html

自然素材とのコラボで悩み中

  • Posted on 10月 2, 2012 at 12:28 PM

今、某自然素材に入れ込む香料を試作中なのだけれど・・・。

いや、香料はだいたい決まっている。香りの芳香性も決まっている。

決まっているのだけれど、基材が水だから精油そのままでは入れられない。

精油は油溶性だから、水だと上に浮いてきてしまうのさ。

そのために媒介の成分が必要なのだけれど、それはクライアントから「なるべく止めてちょ」と言われている。

あくまでも水オンリーでいきたいってことだから。

う~ん・・・・・。悩ましい。

当初は芳香蒸留水を入れてみた。

芳香蒸留水っていうのは精油を抽出する時に副産物でとれる水の事。

精油の抽出ってもともと、植物を高温の水蒸気で蒸して、その蒸気を冷却して水と油(精油)に分離させるっていう手法。

あくまで一般的な手法だけど。

芳香蒸留水は、この分離させた時の水のことを指します。

分離とはいっても、若干精油の成分が含まれているから、香りもあって微量ながら効能もある。

なのでこれを使ってみたのだけど・・・。

芳しくない(泣)

確かに香りは立つけれど非常に弱い。すぐに消えてしまう。

配合率を上げればなんとかって感じだけど、そうするとコストがかかりすぎてダメ。

実用的ではないんだなぁ。

芳香蒸留水は化粧水とかボディローションで使う分にはとてもやさしくて良い香りなのだけれど、それを香料として入れ込むのは無理があるな。

フランスからかなりの数の蒸留水サンプルを送ってもらったけど、全部だめだった。

あ~。参ったな。

いろいろ考え、試すこと数週間。

やっぱり精油でいくしか無いのかと思っている。

そうすると媒介成分はあの成分か、もしくはあれか・・・。

でもコストがなぁ。

まぁとりあえずやってみよう。

なんでもやってみないと物事は動かないしね。

カヒミ・カリイさんプロデュース オーガニック精油

  • Posted on 9月 14, 2012 at 1:59 PM

カヒミ・カリィさんがプロプロデュースの「Preens(プリーンズ)」は、オーガニック、アロマセラピー、機能性をキーワードに、お肌の急激な変化を伴うマタニティーや、外的刺激にとても敏感なベビー&キッズ向けに開発されたボディケアブランドです。

企画段階からカヒミさん自ら陣頭指揮をとり、ボディ用の洗浄剤や化粧水、クリーム、エッセンシャルオイル(精油)などを製品化しています。

こちらで販売しているエッセンシャルオイルは、実はVELUTINAの製造。

打ち合わせでお会いしたカヒミさんの神々しい事。

顔が小さくて華奢でとっても綺麗でした・・・。

アイテムは2種類。

優しい香りの『Relax & happiness』

ラベンダーを主体にしたリラックス効果の高いブレンドに仕上げました。
ママが子供を包み守るイメージを再現した素敵な香りです。
◆ ブレンド精油:ラベンダー、ゼラニウム、ベルガモット

すっきりした香りの『Refresh & positive 』

妊娠中のママがいつでも笑顔でいられるようにという思いから作ったブレンドです。
グレープフルーツ特有の少し苦みある香りに可愛らしい甘さのプチグレンを入れることで、上品な香りに仕上がっています。
◆ ブレンド精油:グレープフルーツ・ネロリ・パルマローザ・イランイラン・プチグレン

ボディクリームやオーガニックタオルなどのアイテムもございますので、出産祝いなどのギフトにお勧めです。
カヒミカリィプロデュース ボディケアブランド「Preens」

カヒミカリィ
’91年デビュー以降、国内外で作品を発表、
’98、’99年米国でアルバム発売を機にUSツアーを行う。
NHK FM のパーソナリティー、連載コラム、映画コメント執筆なども手掛け、多くのアーティストとのコラボレーション、NHKドラマの歌唱、
ビクター80周年記念アルバムのプロデュースなど活動も多岐にわたる。
最新作は自身初の作編曲作品を収録した「It’s Here」 ビクターレコードよりリリース。
http://www.kahimi-karie.com

一山超えた

  • Posted on 9月 10, 2012 at 4:34 PM

先週は調香と企画書作りで悩んでほとんど寝てない状況だった。

悩むのはいつものことだけど、火曜日に依頼が来て今日がプレゼンだったから、そりゃもう大騒ぎさってなぐらい。

今回はちょっと特殊なクライアントだったから、余計に力が入ったのかも。

今までのようなブレンドした精油の効能やら概要やらの説明は全部吹っ飛ばして、とにかくストーリー性のある企画書を作った。

「〇〇プロデュースの」とつく場合、一番大事なのはその人間のイメージに合わせた商品を作るってことだから、とにかくその人になりきってみるってことに没頭。

なので先週はずっと妄想しっぱなし。

恋人に使ってほしい時、仲間に使ってほしい時、自分のために使う時。

描写を細かく詰めていって、短い一つの物語を作る。

初めてだよ。こんな企画書出したの。

でもなんだかすごく喜んでくれたみたい。

いや、面白がられたっていうほうが当たっているかも。

どんなにきざな言葉でも淫靡な表現でも、今回ば全てオールオッケー。

いつも通りの企画書では面白みがないと判断してよかった。

各パターン、ほんの6、7行ぐらいでまとめた物語だけど、アロマの香りと相まって記憶にはかなりインプットされたみたい。

今度からこの提案方式でいこうかしら。

そのまま商品説明になりそうな物語を添えて香りを提案する。

結構いけるかも。

香りの再現

  • Posted on 7月 3, 2012 at 5:59 PM

また新しく調香の依頼をいただいた。

人工香料で作ってある某ブランドの化粧品の香りを天然香料で再現してほしいっていうものだけれど・・・。

おかげさまで化粧品工場との付き合いが増えてきたので、こういった依頼も自然に増えてきた。

ありがたいことです。

でも・・・・・。

「サンプル送りましたから~」って明るく言われて、「お任せくださ~い」って明るく引き受けたけど、届いたサンプルを確認して呆然。

なんじゃこりゃ・・・。

完全なる人工香料(当たり前だけど)。独特の人工チックな香りがバシバシくるよ。

あ~。

天然精油で作られたものであれば、嗅ぎ分けてほぼ同じものを作るのは出来るのだけれど・・・。

う~ん。ムズイなぁ・・・・。

でもやるしかない。

う~ん。

くぅ~ん。

あお~ん。

ぱお~ぉんん。

いやいや、泣いている場合ではない。

やるぞっ!やるぞっ!

これが出来たらまた一皮むけるぞ!ご褒美のアメももらえるぞ!

とりあえず、しばらく持ち歩いて脳みそに香りの情報をプリンティングしよう。

そして一番近い精油をピックアップ。

そこからはひたすら調香あるのみだな。

よぉ~し!やったるど~!