Posts Tagged ‘ 小説 ’

ある朝の記憶喪失

13th 6月 2011 | 0 Comments

気味の悪いぐらい静かな朝だった。
僕は目覚めた。いつもの朝、いつもの時間に、いつものベッドの上で・・・。
横には一匹の年老いた猫。
猫の頭をひとしきり撫で、ベッドを降りてカーテンを開ける。
変わらない行動、習慣、そして変 [...]