You are currently browsing all posts tagged with 'HP'.
Displaying 1 - 5 of 8 entries.

オンラインショッピングが新しくなりました!

  • Posted on 4月 19, 2013 at 5:10 PM

今回、株式会社クチコムさんのお力を借りて、オンラインショッピングのサイトをリニューアルしました。

すごい素敵に出来上がった。

ほぼイメージ通りの仕上がりでした。

嬉しい。

編集作業もサクサク出来るように作ってくれたので、このサイトを運営に力を入れて、売上アップにつなげるぞい!

というわけで新しいサイトはこちらから。

でもこのサイトだとまだクレジット対応が出来ていないので、クレジットカードでご購入を希望の方は、こちらのサイトをご利用ください♪

システム監査から得られたこと

  • Posted on 2月 17, 2011 at 1:36 PM

先日、休日の午後を利用してVELUTINAのシステム監査をしていただきました。

システム監査と言ったって、そんな大げさなもんではないのです。
ただ、最近私、HPの更新作業の際に大失敗をやらかしちゃったんです。
あまり考えずバージョンアップの作業をしたら、HPの画面が全部崩れちゃって・・・。
その時の心境といったらあなた・・・。頭の中は真っ白。終わったなと思いましたよ。

幸いなことに、うちのHPはブログのテンプレートを利用してHPに作り変えているタイプ。
なんとか他のテンプレートを当てはめることで、最悪の状況は免れ、今は一応見られるレベルには至っています。

で・・・。

その件があってから、やっぱり一度きちんとプロのアドバイスを受けたほうがいいかなと思い始めました。
今までは、店の近所に住んでいた親切なSEさんにいろいろ教えてもらっていたのです。
このホームページも彼のアドバイスがあってこその賜物なんですよ♪
でもいつまでも甘えているわけには行きませんからね。
知り合いの伝でシステムコンサルを専門にやっている方をご紹介いただくことにしました。

彼ももともと、何度かお会いしたことがある方なので、ざっくばらんに今の状況を一通り説明し、システム環境をみてもらいました。
ちょっと予断ですが、彼は一見見たところ、あまり技術屋というイメージがありません。
SEの人にありがちな草食感や引きこもり感が全く無く(SEの方すみません)、どちらかというと体育会系の営業マンみたいな感じ。
システム用語などは一切使わず、売上をあげるためには、集客するためには、今どうするべきかといったことを、事例を交えながら的確にわかりやすく話す。

企業システムのビジネスモデルを提案している会社に勤務しているだけに、システム慣れしていない人間にもイメージしやすい説明の仕方を知っている・・・そんな感じ。

結果としては、うちはサイト構築において重大な過ちをおかしているそうです。

がぁーんんんん!!!!! なんてことを・・・。

今ここでいろいろ言っても長くなるだけなので、簡単に言いますが、
サイトの位置づけと提供したい情報をはっきりしなさいということ。
やみくもにページを増やしたり、やみくもにいろんな機能をつけることは得策ではないし、サイトのレベルを下げる要因になる・・とのこと。

確かに・・・。

下手にシステムの知識がついてしまった分、細かい機能をつけてみたり、ページをどんどん作って情報を増やしてしまったりしてる。
そっかぁ。自己中心的になってた。
やっぱりシステム的な見せ方って重要。
よかれと思ってやってきたことが、全て裏目に出ていたと知り、ものすごく落ち込んだ私。

でもまあ、よくぞここまで作ったもんだというお褒めの言葉をいただき、海の奥底まで落ち込んでしまった私の気持ちは、水深100Kぐらいまでは戻ってきました。

反省点はいろいろあるにしろ、結果的にきちんと気づいたのだから、後は時間を見つけて直していけばいいさ。

とりあえず、半年後の売上目標を決め、それにあわせてサイトを構築しなおし、様子を見ることにしました。

まずはここからがスタート。

かなりシステムの規模も大きくなってきているので、この前のような失敗を繰り返さないよう、慎重にやるべし!

HPのリニューアル

  • Posted on 10月 2, 2010 at 5:10 PM

以前から手がけていたHPのリニューアルがやっと完了しました。
着手してから完了まで約3ヶ月ほどかかったでしょうか。

長かった・・・。作りこみの時も、サーバ移管の時もいろいろあったけれど、今となればよい思い出です。

ほんの半年前までは、自分でHPを作るなんて思ってもみませんでした。自分が出来ないからプロってものがいるんでしょう、っていう考えだったので・・・。

でも「HPは会社の顔なのに、更新作業もデザインもすべて人任せでいいんですか?」ってSEのTさんに言われてちょっと絶句。
確かにそうなんですよね。HPを見て会社の信用性って図るところがあるから・・・。

じゃあやってみよう!

まずは枠作り。WordPressというシステムにアカウントを登録してブログ用のテンプレートをダウンロード。
世界中のエンジニアやデザイナーが作った公開テンプレートなので、唯一無二のものではないけれど、そこは我慢。
テンプレートが決まったら、HPの構成を考える。
どのぐらいのページが必要なのか、トップページのデザインは?のせる写真は?ページの記事は?考えることが盛りだくさん。
作るに当たっては、プログラム言語であるHTMLとデザイン言語のCSSの知識も必要なので、本屋にいって辞書を購入。

基本的にはブログの構成なので、文字とかはうちやすく出来ています。デザインもある程度はボタンで対応できる感じ。
でも、細かいところになってくると、HTMLを見ながら修正する必要が出てきます。
特に書いたものとプレビューが違う場合などは、HTMLの不具合が原因だったりするので、どこが違うのか!から解明する必要があります。
初めは何が書いてあるのかわからなかったHTMLも、辞書を片手に自分で書くうちになんとなく分かってきました。
辞書で対応できないものは、他の会社のHPに書かれているソースを、コピーしてきて自分のところに貼り付けたり、Tさんに聞いたり・・・ネットで調べたり・・・。

でも、出来るようになるとだんだん面白くなってくるもので、思いつくままページを作ってしまい、Tさんに「どこに視点を当てたページなのかさっぱりわからない」なんていわれる一幕も・・・。

まあ、そんなこんなで作った結果が、今のHP。VELUTINA(ヴェルティーナ)公式サイト
所詮は素人なので、プロが作るみたいにデザインチックにはいきませんが、これはこれで満足しています。
更新も自分の好きなように出来るし、デザインも思いついた都度変更できる。
作ってよかったなぁと思っています。

根気良くシステムの仕組みについて教えてくれたTさん、本当にありがとうございました。
時には厳しく、時には持ち上げて、私のモチベーションを保ってくれました。
TさんのスパルタドS指導がなかったら、きっと途中で投げ出していたでしょう。

なるべく自分で調べるようにしますが、どうしても分からないときは、また教えてください。
よろしくお願いいたします。

怒りのサーバ移管

  • Posted on 9月 14, 2010 at 2:45 PM

前から懸案事項だったHPがやっと形になったので、いよいよサーバの移管をすることになりました。

移管の手続きはレジストラというらしく(初めて知りました)、この手続きをきちんとしないとせっかく取得したドメインが消えてしまったり、
メールが使えなくなってしまったりといったトラブルが数多く発生するらしいです。

なので、ドメインを管理している会社にサーバ移管の連絡をし解約の旨とレジストラの具体的方法を聞きました。
分かりやすく、VELUTINAをV社、ドメイン管理会社をD社、サーバ管理会社をS社とします。

投げた質問としては次の2つ
1 移管手続きを行うために必要な、ドメインアカウントを教えて欲しい。
→これがないと、D社が借りているサーバの中に入っていけないため、V社は登録情報の変更ができません。
2 メールサーバを含めたレジストラの具体的手続き
→登録内容の変更手続きはこちらが行うのか管理会社が行うのか。
具体的な手続きはどうしたらいいのか。

それに対する大筋の回答は以下のとおり。
「弊社(D社)がレンタルしているサーバには、御社(V社)だけでなく、他の企業も登録されているため、アカウントを教えると機密情報の漏洩になり、よってドメインアカウントは教えられない。
レジストラの手続きについても、各社によりやり方が異なるため、移転先のサーバ所有会社に問い合わせて欲しい。
なお、メールサーバについては、弊社(D社)が独自で管理しているため、解約と同時にメールアドレスは消滅する。」

そのメールをみてちょっと絶句しました。
サーバの中に複数社入ってるなんて基本中の基本。
だからその中からV社だけ移管するのにどうしたらいいのかって聞いているのです。
メールについても、断線などという事象が起きないように、どうしたらいいのかと聞いているのです。

これでは、移管するために必要な手続きを全て拒否してることになるでしょう。
そんなことをされたら、解約の書類を出した時点で全てのドメインが消滅してしまうじゃないですか!
しかも具体的な手続きさえも人事のように・・・。

すくなくとも情報処理を事業形態としている会社の回答とは思えませんでした。

もともとドメイン(特にco.jp)というのは、取得や移管に対する基準が厳しく、それゆえに手続きも複雑で時間がかかります。
ドメインを管理する法人として、あまりにも短絡、あまりにも軽率な発言だと思います。

ここで引き下がるわけにはいかないので電話をし、アカウントを教えてもらえないと移管手続きさえも出来ない旨告げると、
「S社に連絡してもらえば、その要望が弊社に来ますから」との回答。

それなら、そうと初めに言ってくれないと!

聞かれたことだけに答えている担当なら、そんなものはいらない。雇用者の立場で言わせてもらえれば、そんな楽な仕事しているならやめてもらて結構。
ドメインは企業の命、企業の名刺です。
リスク、手続き、そんなことも把握していないのに、サーバ管理会社ですなんて名乗らないでほしい。

あとこれは余談ですが、

こちらでの手続き遂行のため、D社がサーバを借りているというS社のHPにアクセスし、レンタル料を見たところ年間6300円と書いてあった。
年間6300円ということは月525円。V社がD社に払っているサーバレンタル料は月5250円。
いくらなんでも取りすぎでしょう~。しかも更新料まで請求して・・。

やっぱりドメインもサーバもこちらで全て管理しようと強く思う西坂でした。

システム料金は相場が無いから正直怖いです。

今回はとてもいい経験でした。

HPが出来てきました

  • Posted on 9月 2, 2010 at 10:04 AM

先日、HPを作成中だと書かせていただきました。

出来てきましたよ~。8割方完成してきたので、あとは細かい部分の修正に入ります。

いや~長かった。

7月からちょこちょこ始めたので、2ヶ月はかかっています。

いろいろ調べたり、または教えていただいたり・・・。勉強になりました。

自分で作ってみると、プログラム言語の成り立ちや仕組みが分かったりするので、他のHPを見ても、作りこみの方法がだいたいわかるようになってきました。

やはり業者さんにお任せするのと自分で作るのではまったく違いますね。価値観というか責任感というか・・・。

作り始める前は、苦手意識が先にたって、教えてくれる方に対しても「無理!」という言葉しかでませんでした。

でも一つ一つ辞書で調べて、書き込んだ属性(指示)が画面上にきちんとあわられると変な達成感が出てきて、どんどん試してみたくなるものです。

また一ついい経験をしたなぁなんて感慨深く思ったりして・・・。

手間隙かけたHPなので、これからがこまめに更新していきたいと思っています。

公表まであと少し。ラストスパートで頑張ります。